円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

『高齢者によるTOEIC攻略法』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『高齢者によるTOEIC攻略法』

 

 次の三句は意味合いの似たもの通しを併記して、その違いが際立つように組まれた

 

ものです。ですが私の記憶細胞は、「その程度の示し方では、それに見合ったレベル

 

の記憶量になるよ。もっと、働けるようにしてくれないか」と言っているようです。

 

で、例によって“原口式いじくり”を付け加えました。

 

○〔take care to do:~するよう気をつける〕⇒「竹枯れ土留め、気をつけ

 

ろ」

 

○〔pay regard to 名:~に配慮する〕⇒「ペイ、リガードと名に配慮」

 

○〔pay attention to 名:~に注意を払う〕⇒「ペイ宛て遺書と注意を

 

し」

 

 次のは、「SOVC」となる第5文型だそうです。これは、

 

○〔keep + O + 現在分詞〕⇒「keepをしましょとキーピング」、略して「

 

キープを(O)イング」⇒更に「キーポング」とし、これを何度か諳んじたところで長期

 

記憶ができましょう。

 

 ですが「文型」というものにつき、いずれ近々には学ばなければならないことに気

 

付きました。何せ、「文型」なんて言葉はすっかり脳裏から消え失せていたのですか

 

らね、やっぱり気持ちを新たに再々の中学一年生気分で学んでいこうと考えさせられ

 

たのでした。僅かながら今でも残っている英語の知識を「儲けもの」と捉えてですね

 

 

関連記事

アーカイブ