円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

『高齢者によるTOEIC攻略法』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『高齢者によるTOEIC攻略法』

 

 語彙の覚え方です。

 

○【convince:納得させる】につき、「convince、conveni

 

enceの“ne”を取ったらネットクさ」としてみました。

 

○【extent:広さ】は「extentはテントの程度」です。

 

○【rob:泥棒】なら「ロビンソンさん、盗まれ損」とすれば一般受けしましょう

 

。ですが私はもう一捻りして「ロビンソンさん、こい泥棒」とします。「こい」は勿

 

論「恋」ですが、他に「濃い」も掛かって「濃い泥棒」となり強盗、強奪のイメージ

 

も加わりますので。

 

○【last:続く】は「ラストは終わらん、続くのだ」

 

○【project:計画】、○【subject:主観】、○【object:客

 

観】○【inject:注射する】等は一まとめにして「プロジェクト、総員(s,

 

o,in)で主観、客観、注ぎ込む」としたところで皆、頭に入りそうです。

 

○【injury:傷害】○【injurious:有害な】を「ジュリアス・シーザ

 

ー、生涯愉快な人だった」とします。

 

○【mine:鉱山、機雷】は「mineral:ミネラル」の語源と知った途端に

 

頭に入りました。機雷も鉱石採取時の爆破用として関連付けられます。

 

○【while:…に対して、だけれども】は「時には、けれども対してね」として

 

みました。が、この語にこんな意味があったとは、と少々驚いたところで記憶細胞が

 

確りと働いたようです。

 

関連記事

アーカイブ