円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

○「L」の発音が分かりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

○「L」の発音が分かりました。

 

 昔、私たちは学校で「Lを発声する際は舌を上あごの歯茎につけなさい」と教えられ

 

たものでした。でも、一向にそれらしくならないでいたものです。

 

が、今になって気づきました。歯茎は歯茎でももっと奥のカーブの部分につければそれ

 

らしくなるようなのです。

 

 ついでに、あえて当たり前のことを述べておきましょう。

 

英米人がする言葉の発音というものは、喉奥の広い部分でするようなのですね。その点

 

、私たち日本人の発声は口先で行っているようなのです。

 

 従って、英語は喉奥の広場で余韻が生じるような言葉の出し方を心掛ければそれらし

 

くなります。尤(もっとも)も、その辺のことなら既に世に広く知られていることなの

 

でしょうけれども。

 

〔私の英語習得の過程を忠実に表記することが、このブログのポイントですので、気恥

 

ずかしいのを押しやって書いております〕

 

関連記事

アーカイブ