円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

〇「スピーチ」の内容については2ヶ月間に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

〇「スピーチ」の内容については2ヶ月間にほぼ出来上がっているはずですよ。

 

 「あの親子のこんな話題なら皆さんに喜ばれよう、子への友人の接し方がポイント

 

かな、イヤイヤそれよりもあの子の利発な部分を強調するのが良いかもしれないな」

 

等と、電車の中や散歩中にもツイツイ思いが巡るはずですからね。

 

 ですから原稿は書きませんよ、要らないはずです。

 

 話す要点を、利き手の反対側の指にしまい込んでおきましょう。私の場合は左側で

 

す。

 

 先ず、「親指」に「新郎新婦へのお祝いの言葉」です。

 

 自分と新郎か新婦との関わりの説明ですね。

 

 「中指」が、エピソードとなります。

 

 エピソードが一つだけではスピーチ時間が少なくなり過ぎるでしょうから、「また

 

、こんなこともありました」というようなことを持ち出すと出席なされた皆さんに充

 

実感を与えます。これは、「薬指」になりますね。

 

 最後に、「〇〇君、〇〇さん、何時までもお幸せに」の締めくくりを「小指」に組

 

み込んでおきます。

 

 そうして、当日のマイクの前では一本一本と指を折りつつ述べるなら、随分と滑ら

 

かな祝辞を提供できるというものです。

 

 尚、エピソードの内容をもっと細やかにしておきたいと思うのなら、その役目を「

 

指の節」にすればよいでしょう。「中指、薬指」それぞれ三個ずつありますから十分

 

です。

 

関連記事

アーカイブ