円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

〇さて、一例を挙げてその方法を説明します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

〇さて、一例を挙げてその方法を説明します。

 

 「行事=平成24年10月15日10時より、東京のホテルで友人の子の結婚式に出

 

席、スピーチ要請あり」というものに設定してみます。

 

 まぶたの裏にカレンダーを想像します。いわゆる”暗像”ですね。裏面一杯の大き

 

さのものを思い浮かべて欲しいのです。

 

 カレンダーの上部に「神無月」と書いておきます。

 

 その1日目は月曜日ですので、15日は三列目の左端にある日曜日となります。

 

ここに一旦カレンダーのその部分だけ拡大して、そこにモーニング姿のあなたが「昼立

 

ち時」の位置を指している時計の短針のように斜めに傾いている姿を描き込むのです。

 

手には「神無月の中旬」の雰囲気を出して紅葉の小枝を持たせましょう。

 

それが済んだところでカレンダーの大きさを縮めつつ、一気に闇の向こうにしまい込み

 

ます。

 

 以上です、これにてスケジュール帳はできましたから後は折に触れてまぶたの裏に

 

引き出してくればよいだけですね。

 

関連記事

アーカイブ