円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

2、「計る」行為に伴う記憶

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2、「計る」行為に伴う記憶

 

 さー読者の皆さん、少しずつではありますが然し随分と確かな歩みを以って人間の

 

持つ記憶するという機能の真髄に迫ってまいりましたことをこの時点でお伝えしてお

 

きたいものです。

 

 何しろ、「家からどこそこまでの距離を測った行動」は、それを行った方々の誰も

 

が忘れることなく記憶していることを実感しているはずですよ。

 

 それを踏まえて申し上げます。

 

 私が今回このブログで開陳していますことは、「高齢者のための記憶能力の向上」

 

には「はかる」という行為が大きな貢献をするはずなのではないだろうか、とする着

 

想に根ざしております。

 

 それが何事であれ、比較する基準を以って行動するなら、きっと更なる濃度を伴っ

 

て記憶細胞を刺激するはずだ、と考えているのですよ。

 

 距離を認識する「メートル」に相当するものを確りと堅持して行動するなら、つい

 

つい惰性に流れがちな日常的な行為であっても記憶するはずなのですね。

 

 「はかる」行為は幾つもありますが、そのどれにも「忠敬さんの“測る”」と同様

 

に、心神にインパクトを与えて記憶力を高めてくれる要素が潜んでいるはずだと、捉

 

えているのですよ。

 

 「差異を捉える」という意味では、同じなのですからね。

 

関連記事

アーカイブ