円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

〔例4〕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

〔例4〕

 

 今度は、まぶたの裏に書き込むタイプのものです。

 

 ソロバンが出来る人は容易に理解できましょう、これは暗算と同じ要領のものです

 

からね。

 

 ですが、世の中ではソロバンを知らない人々の方が圧倒的に多いのですから、

 

「まぶたの裏に書くと言ったって、見えない文字を憶えられるわけがない」とて侮っ

 

てあざける声が聞こえてきそうです。
 
 でもですね、人間の能力というものは、本質のところに触れ得るような行為となれ

 

ば、結果的に極めて高い効果をもたらすことが出来るものなのではないかと思ってい

 

るのです。

 

 彼の「白隠禅師」が“只ひたすら想像すること”のみで三途の川の淵を覗きながら

 

も完全なこの世への生還が達成できたのですからね。

 

 ということは、見えるか見えないかは大した問題ではないだろうと捉えるのです。

 

想像する能力が何ものをも生み出す可能性を潜めているということなのでしょうから

 

、ですね。

 

 「見えぬものでもあるんだよ、見えぬけれどもあるんだよ」という「金子みすゞさ

 

ん」の詩を持ち出すのは筋違いかもしれませんが。

 

関連記事

アーカイブ