円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

○また例えば、メートル原器のような「尺度」や「判断基準」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

○また例えば、メートル原器(現在は電子的なものに変わったそうですが)のような「

 

尺度」や「判断基準」というものがなかったならば世の中のどんなものであろうとそ

 

の規模や形状を計り知りことが出来ないはずなのではないかと思うのです。

 

 「あれは、あーだ、こうだ」と言う言葉は、「何は何々なのだから、それに

 

対して」という前提条件が設定されていなければ成立し得ないるものなのですね、

 

 「今、晴れている」と言うなら「晴れていない場合もある」ことを前提として

 

いるからのことなのです。
 
 「晴れていない状況」と言うものを知っていなければ生じ得ない意識なのです。

 

日本を「瑞穂の国」と言う表現ができるのも、そうではない「砂漠や草原の地」があ

 

ることが前提になっているのと同じですね。

 

 つまり、要するに人間はその成長に沿って様々なものを脳内に仕入れており、

 

それらが知識の元となって、その後に生じる上記の「晴れている」出来事の判断基準

 

となるということなのですね。

 

関連記事

アーカイブ