円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

○雑念に関する小論・その2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

○雑念に関する小論・その2

 

 「意思」や「思念」に強いか弱いかと云々される「力」があるのですから、それと同

 

様に「雑念」にも「力」があるはずです。とすれば、中高年者の感受力も衰えている分

 

、”雑念の持つ力”も衰弱しているはずなのだと言えるのではないでしょうか。

 

 とするとですよ、相対的に”雑念を取り去る力”が強くなってきているというように

 

も言えると考えられましょう。或いはまた、”雑念を去りやすくなっている”とでもこ

 

れまた言えるのではないかとも思えるのです。

 

 現に、円周率暗記を繰り返している私には身を以ってその辺の事情が解せるように思

 

えます。暗誦中に入り込む雑念が年々少なくなっているように思えるものですからね。

 

〔このことを大脳生理学的見地で推し量るとどのように判断するのかは勿論、知りませ

 

んが〕

 

 そのような考え方に立ってみますと、中高年者だって若者に負けず劣らず記憶作業を

 

しやすい状況にあるとも言えるのではないでしょうか。

 

関連記事

アーカイブ