円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

『記憶とはなにか(DVDの補足説明)』

『記憶速度を上げる方法』・その2

『記憶速度を上げる方法』・その2  こんな方法があって効果が高いことを理解したなら、応用できる範囲が広いことも 知っていただけましょう。  昨日の駅で思い出しましたのですが、大雨が降って地下の駅構内に大量の水が浸入 してきたならどうなるだろうか、とフッと思ってみるだけでもよいのです。  「水はあの階段をドンドン下り降ってくるな、すると目の前に立ってチョッと気取 っている50歳ぐらいのこの女性も相当…

『記憶速度を上げる方法』・その1

『記憶速度を上げる方法』・その1  人間は誰でも驚いた物事や奇妙な思いがした場面をよく憶えているものです。情感 が強く働くからですね。  これを逆手にとって、感情が揺さぶられることを自ら作り出していくようにしたな らば、それこそ記憶もしやすくなるというものです。  例えば、大勢の人々が行き交う駅の中の雑踏を思い描いてみてください。その中 で、ビジネススーツに身を包んだ人物が「場違いにもカバンならぬ…

『記憶力を格段に高める方法』・その3

『記憶力を格段に高める方法』・その3  前回お伝えしたように、身近なもの、馴染んでいる事柄に関連付けると記憶力が高 まる格好な例として、もう一つ挙げておきましょう。  日々に目にする新聞記事の事件やホットな話題などでも自分にはまるで関連のない 事柄であった場合、見聞きした直後にも忘れてしまいがちなものですね。ですが、も しチラッとでも自分の住んでいる町や知り合いの人物が関係しているように捉えてみ …

『記憶力を格段に高める方法』・その2

『記憶力を格段に高める方法』・その2  或いはまた、東京に住んでいて山手線に詳しくなっている人なら、この日本地図の 役割を山手線に置き換えればよいのです。東京から日暮里まで各駅の順番に憶えたい 事柄を関連付けるとよく憶えるということです。これがもし中国地方の人だったなら 山陽新幹線にすれば良いのですし、或いはまた野球好きの人だったとなれば、ひいき のチームに所属する選手たちの背番号に結びつけるのも…

『記憶力を格段に高める方法』・その1

『記憶力を格段に高める方法』・その1  例えばですね、北海道や東北地方に住んでいる人にとっては関西以西の地名や地形 には馴染みが薄いものでしょう。  ですが、もし宮崎県の国東半島を頭の中で思い訪ねるとしたなら、九州の地形を脳 裏に浮かべようとするものです。国東半島が宮崎県にあると分かっているからそうす るのですね。 画面では大阪の位置がずれていましたが、これなどは私が関西地方に疎い良い例とな りま…

『長期記憶をするために脳のメモリーを増やす方法』・その2

『長期記憶をするために脳のメモリーを増やす方法』・その2  記憶の源泉は、このような情感の伴った知識が作る『記憶の広場』なのです。この 広場がたくさん出来てしかも、それぞれの広場が草木の生い茂る緑豊かなものなら ば、記憶作業にたずさわる脳細胞そのものもがしっかりと活性化していることになる のですね。  そのためには、普段の生活上で見聞きし、触れ当たる物事に対して、情感を込めて 対処すると良いでしょ…

『長期記憶をするために脳のメモリーを増やす方法』・その1

『長期記憶をするために脳のメモリーを増やす方法』・その1  さて、私たちの誰もが昔通ったいた「学校」を目にすると色々様々な事柄のあれこ れが思い出されてきて、それこそ感慨深くなるものです。おそらく、人間にとって最 も心の奥深くに刻み込まれている思い出の多くのものが、小学校や中学校という学び 舎に関わるものなのではないでしょうか。ということは、この学校が感受性の大変強 い頃の児童、生徒として生活して…

『大量記憶の方法』・その7

『大量記憶の方法』・その7  要は、始めから『記憶の広場』として分類項目を設定しておけばよいのです。例え ば、中国の経済問題の記憶の広場、中東の宗教関係の記憶の広場、日本近海の漁業資 源の広場、高2の三角関数の公式の広場、など等ですね。  『記憶の広場』については次々回あたりで詳しく述べます。詳細はこちら ⇒ http://kiokujutsu123.com/  …

『大量記憶の方法』・その6

『大量記憶の方法』・その6  今朝の新聞記事でどんなものを憶えているか、と問いかけると大概の人の場合が1、 2の記事ほどしか頭に浮かび揚がらないようです。漠然とした感覚では思い出せない のですね。  ですが、社会面ではどんな事件が載っていたか、政治面では何を問題にしていた か、経済界でのホットな話題は何だったか、と具体的に持ちかけてみると結構思い出 して答えられるものです。分類し、整理してみれば思…

『大量記憶の方法』・その5

『大量記憶の方法』・その5  前回の”ストーリーに仕立てる”というやり方で、”飛行機に乗っていたのはサル やヘビや何だかんだ…、神社の中には齊藤さんや木島さんや誰だ彼だ…”という形で 幾らでも記憶する対象を増やしていくことができます。  つまり、「ストーリー仕立て」は大量記憶には随分と重宝な方法なのです。詳細はこちら ⇒ http://kiokujutsu123.com/  …

アーカイブ