円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

60代からの記憶のしかた

○第一章 記憶とは

○第一章 記憶とは  先ずは、「記憶」という現象を吟味しておかなければなりませんですね。 「記憶」の持つ本質を正面に見据え、その意味するところを把握しておいた上で、それ への対処法としての記憶のコツが云々されるのでなければ「コツ」そのものが不正確も のに陥りかねませんゆえにです。 …

○それらのコツはいずれも簡単なものです。

○それらのコツはいずれも簡単なものです。全てが日常において極めて安直に行え、使 えるものばかりです。 ですので、私と同様の世の中のあらゆる高齢者の皆さんにも利用していただきたく、こ のブログで公開することにいたしました、という次第でございます。 この後、順々と展開し開陳してまいりますので、どうぞお楽しみ願います。 …

○自分には物忘れや度忘れという現象が極端に減少していることに

○ある時ふっと、自分には物忘れや度忘れという現象が極端に減少していることに気づ いたのでした。40歳頃から多くなった記憶に関する不都合が50歳代半ばを境にして なくなり始めたのですよ。  何故なのかははっきりしています。円周率の暗記に取り組みだしたことが起因となっ て、記憶能力というものにつき新たな方便で保持する方法を掴み得た結果なのでした。  その上でまた、それがもたらした効果として色々様々な記…

○ちまたでまことしやかに語られている説に従うならば、

○ちまたでまことしやかに語られている説に従うならば、高齢者ともなると記憶力が極 端に落ちるのだそうです、衰退の一途を辿りいくのだそうですね。  ですが、それは私には無縁のようです(今のうちは、というところかもしれませんが )。  70歳に近づいている私なのですが、記憶力は達者です。物覚えに不都合を感じてい ませんのです。 …

○巷間の説に従うならば、

○巷間の説に従うならば、高齢者は記憶力が極端に落ちるのだそうです、衰退の一途を 辿りいくのだそうですね。  ですが、それは私には無縁のようです。  70歳に近づいているのにです(今のうちは、というところかもしれませんが)。  あるとき、自分には物忘れや度忘れという現象が極端に減少していることに気づいた のでした。40歳頃から多くなった記憶に関する不都合が50歳代半ばを境にしてなく なり始めたのです…

『60代からの記憶のしかた』

『60代からの記憶のしかた』   ---記憶能力は高齢になっても開発できるのです--- プロローグ ○記憶力というものは、若い時代が縁遠くなった中年以降になると確実に衰えるもの、 というのが世の中の定説です。  そうして、私もそうだったのでした。やっぱり、衰えたのです(本当のところ、そう 思いこんでいたということです)。  ですが、今は確実に違います。  いいえ、記憶力が回復しているのではありませ…

アーカイブ