円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

60代からの記憶のしかた

〇「名前が覚えられない」③

〇「名前が覚えられない」③ 2、“思いの入れ込み”をして楽しむ ・「藤本さん」は中学生時代の級友だった友人の藤本君と関係はないだろうか。「佳則 」の訓読みは「かそく」だし、ということは22歳の若さであの上手さはゴルフ技術の “加速”だね。 ・「上平さん」とは漢字は変哲でないが、でも珍しいね。御先祖の住んでいた所が台地 だったのだろうか。「栄える道」と書いて「まさみち(と、聞いたようです)」か成る …

〇「名前が覚えられない」②

〇「名前が覚えられない」②  音読みは訓読みに、訓読みは音読みに換えてみます。  それだけでも結構、使われている漢字の記憶の作り込みになりますし、またそうする ことが氏名のグループで構成する“記憶の広場”(この概念については私のブログに馴 染んでいる読者ならよく理解してくださいますよね)の内容充実化に大きく貢献してく れるはずですよ。 …

〇「名前が覚えられない」①

〇「名前が覚えられない」①  先ずは、上記タイトルから伝授いたします。  具体的な例を出して進めましょう。 6月3日(日)に男子プロゴルフの「日本ツアー選手権」がテレビで放映されていま したね。  最終組でプレイしている三人はいずれも耳慣れない方々ばかりでした。ですが、ア ナウンサーが伝える三人のそれぞれの事情も絡めて私には三日後の今でも忘れずにい ます。  そこには“憶えてしまわざるを得ない事情…

〇「度忘れ防止法」その2

 で、そのスパイスを読者の皆さんにお伝えしようというわけです。  こんな拙いブログに付き合ってくださる御礼にお教えしょうと思っているのです。  その「スパイス」ですが、それは「入れる、付け加える」だけのことなのですからね 、従って、とどのつまり努力は無用ということになりましょう。  先ずは、皆さんにお聞きします。  「あれ?私は今何をしようとしていたのだったかな」なんてことが皆さんの日常にシ バシ…

〇『度忘れ防止法』その1

〇『度忘れ防止法』その1  さて、〔思い出すための仕掛けや引き出し〕について述べましたこの時点でまたま た、原口式記憶術の手法を一つ提供しておきましょう。  世間の人々が私に求める記憶法の中で、最も需要の多いものの一つが『度忘れ防止 法』でもありますゆえ。  先ずは前置きしておきますが、私の記憶の良さ(一般の人々よりは、ということで すが)は日常からムリに努力を重ねて作り出しているものでは決してあ…

〇次にこの日記を開くのは、

〇次にこの日記を開くのは、懐かしく思い出したいときに「平成24年・神無月・錦秋 の頃」に思いを向ければよいだけということにありましょう、きっとそれ等の言葉が思 い出す「切っ掛け、引き出し」になってくれるはずです。  紅葉の小枝を持ったあなたの映像から始まって、家を出るときのご夫婦の姿から連綿 と続く素晴らしい一日が放映されるのです。  あなたのまぶたの裏のスクリーンに、ですね。  こんなような手順…

〇さて、話を行事の記憶に戻しましょう。

〇さて、話を行事の記憶に戻しましょう。  次のステップは、行事の済んだ後に、「日記」として保存しておく段階でした。  闇の向こうにしまわれた日記は1年分が一枚の用紙に載っているタイプですよ。日め くり物ではなく1年分が一覧できるようになっているものです。  そうしておいた方が各月の日付配分が分かりやすいのですね。  さて、結婚式の済んだ、その夜です。  床に就いた時になって、おもむろに朝、家を出る…

〇またまた付け加えておきますが、

〇またまた付け加えておきますが、これはあくまでも私個人に限定している現象なの かもしれませんのです、当然ですが。  でもですね、とは言いましたが、それなら尚更のこと他の人にも大いにあり得るこ ととも言えるはずなのです、私は凡人なのですから。  ですので、「思考がスムーズに進んでいるな」という心持の際に、上記の私の言葉 を思い出してみてくださいな、そんな時の呼吸というものは吐いている時の方が吸っ て…

〇当然のこと100%そうだとは断言できません。

〇当然のこと100%そうだとは断言できません。ですが、その傾向は健著です。  そして尚、呼気時のそれも、「吐くが如く止まるが如く」という穏和な雰囲気の際 に生じるようなのです、頭の働きがですね。  つまり、その反対の吸気の際には思考が停滞しているということなのでしょうね、 極端に言ってしまえばですが。  きっと、「そんな馬鹿なことはあるはずがない、呼吸は連続しているものだから頭 の働きがそのどちら…

〇その「あること」につき、下記いたします。

〇その「あること」につき、下記いたします。  あるとき、ふっと気づいたのです。  私が記憶を思い覚ました際、或いは何かを考えついた時、はたまた不意に閃きが走っ た場合、というように頭が活躍しているのを感じた瞬間の私の身体の状況にはある共通 項があるようだ、と気づいたのです。  そんな場合の大概は、呼吸が整っていて……、と書くだろうと読者の皆さんが思った ことでしょう。  ですがドッコイそれだけでは…

アーカイブ