円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

FB

《頭の中のスケジュール帳》の続きです。

12/1FBアップ分12/1FBアップ分さー、日曜日ごとの『記憶力向上』講座です。 《頭の中のスケジュール帳》の続きです。  “1年間の曜日の規則性”について、随分と説明不足だったようですので、詳しく お伝えしましょう。  「一年=365日」ですね。ですが、もしもこれが「364日」だったならば「3 64/7(一週間)=52(週)」で割り切れて余りがないので、毎年の曜日は変わ りませんよね、毎年、各…

今回も、《頭の中のスケジュール帳》でしたね。

11/17FBアップ分 さー、日曜日ごとの『記憶力向上』講座です。 今回も、《頭の中のスケジュール帳》でしたね。  “1年間の曜日の規則性”についてお伝えしましょう。  今年の12月1日は日曜日だったので来年のそれは月曜日になることが決定されて いますね、「一年は365日=52週+1日」なので各月それぞれの1日が一つずつ ズレを生じるようになっているため、にです。 つまり、今年の1~12月までの1…

今回も、《頭の中のスケジュール帳》でしたね。

11/10FBアップ分 さー、日曜日ごとの『記憶力向上』講座です。  今回も、《頭の中のスケジュール帳》でしたね。  試しに、{来月となった12月の16日に「友人たちとの飲み会」の予定が入った}、という設定にしてみましょう。  さて、12月1日は「日曜日」です。ですので、これを覚えていれば、「師走のカ レンダー」は容易に想像できましょうし、16日は第3週目の月曜日ということも直 ぐ頭に入ります、1…

今回は、《頭の中のスケジュール帳》としますね。

11/3FBアップ分 今回は、《頭の中のスケジュール帳》としますね。  予告とは違いましたことをお詫びいたします。  先ず、効能からお話いたしましょう。  試しに、「会議を予定」して、それを記憶細胞に刻み込んでおくということしてみ ます。  するとですね、それに関連する知識をつかさどる細胞同士が連携しあって勝手に思 考を進めていてくれるようなのですよ、私の経験上ですね。従って、会議に臨んだ当 日は…

今回は、《想像すれば、UPする》ですよ。

10/27FBアップ分 さー、日曜日ごとの『記憶力向上』講座です。 今回は、《想像すれば、UPする》ですよ。 「想像すること」が記憶力向上に貢献することなどを殆ど知られてはいませんでしょ うね。ですが、これが大きな効果を生むのでした。 机上実験をしてみましょう。 FBの友人に「濱野美幸さん」という方がおられますので、初訪問するという設定で す。 前もって、どんな風情をお持ちなのかを想像しておきます…

今回は、《忘れ物防止法》ですよ。

10/20FBアップ分 さー、日曜日ごとの『記憶力向上』講座です。 今回は、《忘れ物防止法》ですよ。  「忘れ物」をする人というものは「アレを、コレを」と行き当たりばったりで思い つき任せにするから抜けが生じるのですね。  それならば、“前もって備忘録を作っておけばよい”ということになりましょう。  先ずは、ちょっと近辺へ出かける場合としますね。携行したいのは、 1、サイフ 2、ハンカチ 3、帽子…

今回は、《人名の記憶を半永久的にする方法》です。

10/13FBアップ分さー、日曜日ごとの『記憶力向上』講座です。 今回は、《人名の記憶を半永久的にする方法》です。   さて皆さん、知人の住所録はお持ちですよね。昨今は携帯にも記入できるので、電話帳を持ち歩いているよう なものですから便利です。  でもですね、そうであっても、ほとんど交流のない人の氏名なんぞは直ぐにも忘れてしまうものです。  それに紙や機械に書き込んだ事柄というものは、とかく頭に入…

今回は、《顔と名前の一致を確実にする方法》です。

10/6FBアップ分円周率10万桁暗記老人による『記憶力向上』へのいざないです。 今回は、《顔と名前の一致を確実にする方法》です。 ○「鈴木明夫さん」  “スズカケの木の実が開(あ)いていて、それが皆、「鈴木明夫さん」の顔になっている図をちょっと想像してみ る”のですよ。すると、ほのぼのとした可笑しみが湧いてくるものです。何しろ、スズカケ一本の実の全てが、人の 良さそうな笑顔の、あの「鈴木明夫さん…

今日は、《人の名前が覚えられない》の2回目です。

9/29FBアップ分円周率10万桁暗記老人による『記憶力向上』へのいざないです。  今日は、《人の名前が覚えられない》の2回目です。  例を、皆さんが馴染んでいるこのFBへの投稿者からも選んでみましょうね。 〇「大津洋子さん」=〔昭和30年代に大活躍なされた歌手の大津美子さんのお嬢さ ん〕と仮定をします。美子という名も「洋子さん」と一文字違いを意識しておけば記 憶細胞の思い出し作業が容易になります…

今日は、《人の名前が覚えられない》という場合です。

9/22FBアップ分円周率10万桁暗記老人による『記憶力向上』へのいざないです。  今日は、《人の名前が覚えられない》という場合です。  以前に、“単調な記憶”は忘れやすい旨の書き込みをしました。  一般的には、氏名を聞いたなら「聞いたのみで覚えられる」という前提でおりますね、無意識に。  ですが、これでは単調すぎて記憶細胞が気持ちよく働いてはくれないのですよ、ご主人様の「意思」が伴わない からで…

アーカイブ