円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

人生訓

☆ ”品格”を身に備えるにはどうしたら良いかとお悩みの方へ!まとめ編。

☆ ”品格”を身に備えるにはどうしたら良いかとお悩みの方へ!まとめ編。  以上、ほぼ一月の間、君子の在りようを論じたことわざの主なものを題材にして人 格向上策を探って参りましたが、それもタネが尽きましたので、ここまでを振り返っ て総括しておくこととします。  君子の在りようを論ずることは、結局のところ「望まれる人格像」とはどんなもの なのか、ということに尽きるようです。  それで「原口風望まれる人…

☆ ”品格”を身に備えるにはどうしたら良いかとお悩みの方へ!その26。

☆ ”品格”を身に備えるにはどうしたら良いかとお悩みの方へ!その26。 ・『流言は知者に止まる』  これは、古代中国の思想家であった「荀子」というお人の言葉で、”知者”とは君 子を指して言っています。「物事の本質を知っている人物」という意味合いです。昔 から語り継がれている「下種(げす)の口に戸は立てられぬ」に対する反意のことわ ざとして、しばしば引き合いに出されるものです。  何しろ、心根の低い…

☆ ”品格”を身に備えるにはどうしたら良いかとお悩みの方へ!その25。

☆ ”品格”を身に備えるにはどうしたら良いかとお悩みの方へ!その25。 ・『君子はその罪を悪(にく)んでその人を悪まず』  有名な言葉ですね。徳の高い人というものは、人が犯罪を行うに至ったその事情や 背景を憤(いきどお)るもので、罪人その者を憎むことはないというのです。  殆どの場合では、事件を起こした人をその幼い頃から身近に見てきた人々というも のは只々哀れに思うのみのようです。罪を犯してしまっ…

☆ ”品格”を身に備えるにはどうしたら良いかとお悩みの方へ!その24。

☆ ”品格”を身に備えるにはどうしたら良いかとお悩みの方へ!その24。 ・『君子はこれを己に求め小人はこれを人に求む』  ここにおいての”これ”とは、事の原因やその責任を指しています。  人格者というものは何かある度に先ずは自己反省をするものですが、小人は自分を 省みることなど殆どせず、直ぐにその原因を他人の所為にするものだ、ということで すね。  例え話として、しばしば持ち出されるのが「足踏み悶…

☆ ”品格”を身に備えるにはどうしたら良いかとお悩みの方へ!その23。

☆ ”品格”を身に備えるにはどうしたら良いかとお悩みの方へ!その23。 ・『君子は言に訥にして行いに敏ならんと欲す』  君子は言葉を弄するようなことはしないということですね。たとえその発言が訥々 としていて「弁舌爽やか」と言うのとはまるで逆であっても一向に気にはしないもの です。接する人によっては、洗練されていない素朴さに魅力の微塵も感じさせない田 舎者のように思うかもしれませんが。  でもですね…

☆ ”品格”を身に備えるにはどうしたら良いかとお悩みの方へ!その23。

☆ ”品格”を身に備えるにはどうしたら良いかとお悩みの方へ!その23。 ・『君子は言に訥にして行いに敏ならんと欲す』  君子は言葉を弄するようなことはしないということですね。たとえその発言が訥々 としていて「弁舌爽やか」と言うのとはまるで逆であっても一向に気にはしないもの です。接する人によっては、洗練されていない素朴さに魅力の微塵も感じさせない田 舎者のように思うかもしれませんが。  でもですね…

☆ ”品格”を身に備えるにはどうしたら良いかとお悩みの方へ!その22。

☆ ”品格”を身に備えるにはどうしたら良いかとお悩みの方へ!その22。 ・『君子は義に諭(さと)り小人は利に諭る』  君子は道理を重んじるものだが小人は利益の有無を先ず考えるものです。これは 人々が関わる事柄のあらゆるものに言えることのようですね。  大体、世の人々というものは「損得の有無」で物事を判断しがちです。それが自分 に得になるなら行動しよう、とするのですね。最初っから損をする事になる、と…

☆ ”品格”を身に備えるにはどうしたら良いかとお悩みの方へ!その21。

☆ ”品格”を身に備えるにはどうしたら良いかとお悩みの方へ!その21。 ・『君子は人の美を成す』  君子は他人の美を見出し、これを助長してやるものだ、ということですね。当然の ことです。  君子とは「その19」で述べた妬み、やっかみのいわゆる”七つの障り”が心の中 にないのですから、他人の良い面が発揮されるのを邪魔することはありません。むし ろその反対で、たとえ他人事であろうと長所は活かして上げよ…

☆ ”品格”を身に備えるにはどうしたら良いかとお悩みの方へ!その20。

☆ ”品格”を身に備えるにはどうしたら良いかとお悩みの方へ!その20。 ・『君子は独(ひとり)を慎む』  君子というものは、他人の見ていないところでもその行いには慎みがある、という ことですね。兎角、人間というものは、他人の目がなければズボラにしていがちなも のです。  ですが、リラックスするなといっているのではないようですから、例えば、男性に とっては真夏の夜に風呂上りの後の下着のままで飲むビー…

☆ ”品格”を身に備えるにはどうしたら良いかとお悩みの方へ!その19。

☆ ”品格”を身に備えるにはどうしたら良いかとお悩みの方へ!その19。 ・『君子は禍(わざわい)至るも懼(おそ)れず』  君子というものは、信念をしっかりと堅持していて主体的に生きているので災禍が 降りかかってきたからとて恐れるようなことはしないということです。  「禍福はあざなえる縄の如し」なのですし、更には人類の歴史に思いを馳せればち っぽけな自分の身に生じた目の前の災いなんぞは何を恐れおのの…

アーカイブ