円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

処世哲学

〖原口風の菜根譚80〗 {病は社会的な歪みの産物である}

〖原口風の菜根譚80〗 {病は社会的な歪みの産物である} 心神の病は、その殆どが社会の歪みによって引き起こされているのは間違いありませんね、つまり人間関係が因となっているという事です。 子ども達でさえ、その30%がリストカットし自殺念慮を持っている(最近のNHK報道より)のだそうだから、仕事などでの社会的ストレスが深く広く強い大人につき押して知るべしではありましょう。 もちろん肉体面の病気も食材な…

〖原口式菜根譚79〗 {“髪はフィボナッチ数列”なのでは?}

〖原口式菜根譚79〗 {“髪はフィボナッチ数列”なのでは?}頭髪には“旋毛(つむじ)”がありましょう。 さて、この“つむじ”につき“フィボナッチ数列”が基本になっていること確かなのではありませんか、はい、あのヒマワリのタネの並び方ですね。 すると、それがキッカケでヤハリ想うのですよ、人体は自然界の法則に則って出来ていると。 で、それから逸(そ)れ外れるゆえ病気になるのは自明の理でありましょう、心神…

○後悔の思いに苛まれているという方へ

○後悔の思いに苛まれているという方へ  後悔することは反省心が出ればチャラになると捉えましょうよ、そうでなければその 後の人生が成り立ちませんからね。  人間は誰しもが人生の初心者なのですからね、その辿る道々での試行錯誤に後悔は 付き物なのですから〔ご免なさい〕と思う他ありません。  従って大事になってくるのは、その後の身の振り方にあると考えるのですよ。  つまり贖罪に向けての行動を確認した時点で…

☆『うつ病を治ろう』シリーズを終わります。

☆『うつ病を治ろう』シリーズを終わります。  以上、これまでの私の独善的でしかも散漫な持論の陳述ではありましたが、それな りの価値を拾い採ってくださって、あなたは病気の全快を果たしたものと強引にでも 看做(みな)させていただきます。  よって、このシリーズは終点に到達したことになります。読者となって長い間お付 き合いくださった嘗てのうつ病患者だったあなたや、その他の方々に深く感謝申し上 げます。 …

☆『仏教では「願う」、「頼る」という行為が「無知」による悪弊を消してくれるのです』

☆『仏教では「願う」、「頼る」という行為が「無知」による悪弊を消してくれるの です』  もし、私のこれまでの論調が冗漫に流れすぎていて、あなたにとっては単なる饒舌 か駄弁に過ぎなかったとしても大丈夫です、安心してください。仏教には、苦しみか ら解放してくれる「帰依」という極めて楽な方法が用意されているのですから。  私たちは人間です。社会的動物としてその人間社会にどっぷり浸かってしまった場 合には…

☆『結論は、”無明による固執から解放されれば病気は癒える”ということです』

☆『結論は、”無明による固執から解放されれば病気は癒える”ということです』  さて、いよいよこの二、三日で最後です。  『うつを治ろうよ』と言う題で私の思うところを長々と述べてまいりましたが、そ れも、本日を含めた数日を以って論を結ぶことにします。  昨日述べましたように、道理に暗い「無明」の状況が続くと病気を引き起こしま す。物事の道理に疎い、いわゆる「無知」から生じる思い違いや考え違いが「痼疾…

☆『薬師如来は人の心に巣食う病根を治そうとしているのです』

☆『薬師如来は人の心に巣食う病根を治そうとしているのです』  しばらく以前に薬師如来のことをお話しましたが、その続きをしましょう。「薬師 如来(正式には薬師瑠璃光如来と言います)」は、「衆生(すじょう)の病苦を救 い、無明(むみょう)の痼疾(こしつ)を癒す仏さま」【広辞苑より】とされていま すが、ここにおける「痼疾」とは頑固な長患いの病気を言っています。いわゆる持病 を指すのですね。  つまり、「…

☆『「病気」は人生上では三番手なのです』

☆『「病気」は人生上では三番手なのです』  「病」はヤマイダレに、甲乙丙の丙ですね。丙は三番手です。  一番手の「甲」は「生きて存在している」ことを指して言います。二番手の「乙」 はその存在が「幸福である」ことを言っています。三番手である最後の「病」は、 「苦の中に身を置く」状況を語っているのですが、それは”「甲」と「乙」の価値を ないがしろにした際に生じるもの”なのです。  従って、「病」が甲と…

☆『あなたは、あなた自身を育てられる天才なのです』

☆『あなたは、あなた自身を育てられる天才なのです』  元来からして価値高いあなたを、その高さどうりに具現化できるのはあなた自身し かおりません。その意味では、あなたは「選ばれし人」なのですよ、「天才」なので す。あなた自身があなたの救い主だったのですからね。病気から救い出すだけではな く、この世での生の味わいをより良く高める導き手としてのあなたは、その意味にお いても唯一の人物なのですからね、あな…

☆『「喜び」の感情が生じるのは、そのことが明日への希望と直結しているからなのです』

☆『「喜び」の感情が生じるのは、そのことが明日への希望と直結しているからなの です』  私たち人間は、他人から褒め言葉をもらったり賛辞を受けると嬉しいものです。そ の褒める言葉が強いほど、そしてまた賞賛の拍手が高いほど喜びは大きいものです。  さて、この「喜び」の感情というものは、我が身の明日の成長欲を刺激するから生 じる感情です。ちょっと前に述べました、地面の下のデンプン状の根っこのような未 来…

アーカイブ