円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

原口式人生力の向上法

⦅“頭脳の縮小”、それは〔濃縮〕です ⦆

⦅“頭脳の縮小”、それは〔濃縮〕です ⦆ “頭脳は加齢と共に縮んでいく(つまりは脳機能が衰える)”とする医学的常識に強い違和感を持っている愚生は、ある仮説を立てました。 寸法が小さくなっているのが事実なら、それは“”縮小というより〔濃縮〕と表現すべき状態なのではないだろうか“”とですね。(*) その後の14年間、我が頭脳の思考力、考察力は増々高まり且つ強くもなっている事に間違いありませんからです。…

⦅「頭脳が縮んでいた」と言うけれど!⦆

⦅「頭脳が縮んでいた」と言うけれど!⦆ この場で愚生が色々様々に展開させている事柄に通底するのは頭脳が有する限りなき能力についてです。 で、私事ゆえに恐縮しつつも、また一つお伝えしなければ成らないことがございます。 以下に記す件は、私たち人間が有する大きな可能性を示唆するものとして随分と大切な事に想えてならないからです。 さて、愚生の58歳時に、頭脳のMR検査をされたことが有りました。 その際に放…

⦅ やはり【三つ子の魂、百までも】なのです!⦆

⦅ やはり【三つ子の魂、百までも】なのです!⦆ 前回、次のような意味合いの記述をしましたね。 ““記憶が消滅するなら当然に性情や人格も消える事になる”” さて、その人の人物像を形成しているのは過去に得た知識と経験である事を疑う人は居られませんでしょう。 そうしてまた、殆どの人々が自分の人格を変性させることなく人生の終焉に辿り着いてもいるのでは有りませんか。 それならば、ですよ。 その事自体、誰しも…

⦅“お国ことば”は全く薄れない ⦆

⦅“お国ことば”は全く薄れない ⦆ 【身土不二】は掲題にも絡んでまいりましょう。 生活する地で覚えた方言が薄れることは有り得ないのですよ。 ちなみに、愚生の郷里は宮城県北部の片田舎ですからズーズー弁です。 他県への就職で離れるまでの18年間、ズーズー言い聞きしていたという事ですね。(*1) 例えば、“我が家へ来て下さい”なら“おらいさ来てけらいん”であり、また“そうだろう ⇒ んだべおん”、“田舎…

⦅“記憶細胞”は全て消えずに繋がっている ⦆

⦅“記憶細胞”は全て消えずに繋がっている ⦆ 記憶細胞の繋がり合いにつき、更に考察してみましょう。 さて、この事を道路に例えれば理解しやすく成りそうですね。 日本中の道々全てが繋がっておりましょうし、その上あらゆる家庭が公道を介し結び合ってもいるのでした。 同様に、ですよ。 頭脳内に仕込んだ知識の皆が連携し合っているという事ですね、各個の家庭のように。 先日の54年ぶりに想いだした人物の件も、ある…

⦅“身土不二”が証拠 ⦆

⦅“身土不二”が証拠 ⦆ 仏教語に次のような言葉がございます。 【身土不二(しんどふに)】 “”人の心情は育った地方、住んでいる土地の風習に左右されるもので、その両者は不離一体なのだ“”と言った意味合いの言葉です。 その通りだと誰もが納得なされましょう、そこで積み重ねた経験が性情や人格を造り出している事は間違いありませんのですからね。 しかも、どんな些細な事柄に関する経験であったとて、それなりの影…

⦅“知識は消滅しない”ものなのです ⦆

⦅“知識は消滅しない”ものなのです ⦆ 次いで、〔第二法則〕を下記とします。 ☆〖記憶は消滅せず〗 これに付帯させたいのは次なる語句です。 “”衰弱するだけであり、消去はしない“” 例えば、何十年かぶりに母校を訪ねたなら、想起しだす記憶が随分とある筈ですね。 もちろん学校の件に限らず普段は全く忘れ去っている記憶が、その関連地に立ち寄っただけで想いだす場合も可なり多い筈ですよ。 さて、上記の事に着目…

⦅“記憶の劣化”は加齢と無縁です ⦆

⦅“記憶の劣化”は加齢と無縁です ⦆ さて、明確になってきた“記憶の性質”について、ですよ。 先ず〔第一法則〕として先ごろ提示した下記のものを挙げて置きましょう。 ☆〖記憶は経時劣化する〗 また、これには次のような付帯事項を添えたいものです。  “”記憶の薄れは加齢に無縁である“” 劣化は時の経過に付随するものである事が明らかなのですからね、当然そうなりましょう。 これにより、世の中全般での間違っ…

⦅【あ】には三つの文字が!⦆

⦅【あ】には三つの文字が!⦆ 閑話休題。 辛気臭い話が続いておりますね。 ついては、久しぶりに〖頭脳の遊園地〗にご案内しましょう。 お孫さんとお楽しみ頂ける問題ですよ。 さて、【あ】には、頭のところに構成部品となる【ー】がありますね。 で、それに気づくと他の言葉が二つ入っている事にも想いが向いてまいりましょう。 つまり【あ】の中に他の文字が隠れているという訳です。 さー、それは何と何でしょうか。 …

⦅ 自分の〖心神風景〗を知ろう・頭脳自身が記憶力を造っている ⦆

⦅ 自分の〖心神風景〗を知ろう・頭脳自身が記憶力を造っている ⦆ 話を昨日に続けます。 さて、“雑草のような記憶”の発生メカニズムにつき論述してみましょう。 つまりは、頭脳に引っ掛かると、その後は自動的に展開するのではないかと捉えられると想うのですよ。 記憶細胞の触手に引っ掛かりさえすれば、後の作業は頭脳が自ら行うように出来ている”と推定できるのでした。(*) そんな想いが意識せずとも自然に滲みで…