円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

潜在能力の出し方

☆『願望成就のコツ・その基本2』

☆『願望成就のコツ・その基本2』  「三日坊主」といわれる現象が身近で数多く見受けられます。この言葉のように、 目的を持って行動し始めたのも束の間、直ぐに挫折してしまう原因は「ガンバリ過 ぎ」にあるのです。「よし、やろう」と”意気は上がった”が、いきなりのガンバリ 過ぎで疲労が急速に溜まり”息が上がってしまう”のですよ。これでは続きません。  持っている力を目いっぱいに出そうとしていては疲労が取れ…

☆『願望成就のコツ・その基本1』

☆『願望成就のコツ・その基本1』  突然ですが、「もしもし亀よ、 亀さんよ」の童謡を、一般的には「兎のように慢 心して怠けてはいけないのだよ、亀の歩みでも良いから倦まず絶ゆまずに進みなさ い」という戒めとして捉えられているようです。でもですね、私は目標とするものを 確実に我が物にするためにはどうしたら良いかを如実に示している”願望成就の方法 を示唆している寓話”であろうと看做しているのです。「亀の…

☆具体的な能力開発の手順例について、の続き

☆具体的な能力開発の手順例について、の続き  昨日の文に続けます。  そしてその下ごしらえとして、「般若心経」の暗記に取り組んではみませんか。2 66文字の短いものですから、これを覚えこめば皆さんが記憶力アップへの自信を深 めることが出来るはずです。  実を言いますと、私の暗記の歴史は、この「般若心経」がベースになっております のです。それ以前の暗記の履歴を述べますと、中学一年での社会の教科書の丸…

☆具体的な能力開発の手順例について

☆具体的な能力開発の手順例について  皆さん、後頭部への意識集中の結果はどうだったでしょうか。  何らの変化も感じられなかった方々が多かったかもしれませんが、私の場合は後頭 部に意識を送ると10秒ぐらいで頭髪や耳に痙攣が生じてきます。これは多分、意識 することで頭部の血流が強くなっているのではないかと推定しております。同様なこ とを頭頂部で行っても同じ結果が起きるのですが、不思議なことに前頭葉では…

☆『原口式潜在能力開発法』その始めに!

☆『原口式潜在能力開発法』その始めに!  私には自分で考案した、頭と体と心のそれぞれを活性化させる方法が幾つかありま す。  その能力開発法の発現には、「折角の人生、折角の身体」という考え方が基礎にな っておりますのです。  折角、阿弥陀如来が与えてくださった身体ですから、その能力を存分に引き出して 使わなければ勿体ないと私は普段から思っておりますのですね。その結果、人真似で はない私独特の潜在能…

☆『心の平和省を積極的に活用しましょうよ』

☆『心の平和省を積極的に活用しましょうよ』  心や精神の病気の大概の場合は、この平和省の機能が乱れることによって引き起こ されているものです。阿弥陀仏の策定した”平和力”(私の造語です)を未熟な人間 社会が作り出したおろかな心理的精神的慣習がかき乱すのですね。  特に欝は、その平和省の”自己否定対処課”が人間社会の既成概念による間違った 価値基準に振り回されているのですからね、その機能不全を起こさ…

☆『「心の中の平和省」に着目してください』

☆『「心の中の平和省」に着目してください』  私たちの身体には阿弥陀如来のありがたい工夫が随所に凝らされています。  毒物やウイルス、細菌などの侵入者や打撲、擦傷などに対して免疫機能など、”身 体の防衛省”の各部署が確立されています。リンパ球や白血球に血小板やキラー細胞 などが常に活発に働いてくれているのですね。  人間が野生動物だったころの名残である、不安や緊張感が生じたときの血管の瞬時 の収縮…

☆『内蔵器官だって生き物である細胞たちの集まりですから、それなりの意思も感情も持っているものなのです』

☆『内蔵器官だって生き物である細胞たちの集まりですから、それなりの意思も感情 も持っているものなのです』  昨日の論を続けます。  ですので、もしも病み始めに確りと反省して、患部に「ごめんよ、辛い思いをさせ ていたのだね、すまなかった」とでも謝っておいたなら、悪しき習慣の犠牲になって ひたすら耐えていた患部ですからね、少々いじけて拗ねていた気持ちを直ぐにやわら げて、更なる精進でもって耐性を強めて…

☆『病気の患部もあなた自身の一部ですからね、乱暴に扱うとその反動はあなた自身に来るのです』

☆『病気の患部もあなた自身の一部ですからね、乱暴に扱うとその反動はあなた自身に来るのです』  あなたの身体にはうつ病さんが居座っていますね。出ていってほしいのは山々なの ですがしかし、鬱で病んでいる心そのものもあなたの身体の一部であることには変わ りはないのですからね、その自分の一部を相手にして戦うなんておかしいのです。  例えて言えば、自分の一部同士である右手と左足が、互いに相手の手癖足癖が悪い…

☆ 御隠居*@横町さんへ!・3

☆ 御隠居*@横町さんへ!・3  そんなわけで、話題の方向を現在進行させているものに変えてみましたのでした。 このように玄妙な話題を、「何と非常識な話をしていることか」とて、拒否気味な 人々はこのブログから離れ去っていくことでしょうからね。その上で残りとどまって くださった方々にこそ、「軟酥の法」をお教えする価値があろうというものです。  そんなお方にこそ、人体の自然治癒力が持つ極限的効果が発揮さ…

アーカイブ