円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

2009年 06月

☆ ”品格”を身に備えるにはどうしたら良いかとお悩みの方へ!その24。

☆ ”品格”を身に備えるにはどうしたら良いかとお悩みの方へ!その24。 ・『君子はこれを己に求め小人はこれを人に求む』  ここにおいての”これ”とは、事の原因やその責任を指しています。  人格者というものは何かある度に先ずは自己反省をするものですが、小人は自分を 省みることなど殆どせず、直ぐにその原因を他人の所為にするものだ、ということで すね。  例え話として、しばしば持ち出されるのが「足踏み悶…

☆ ”品格”を身に備えるにはどうしたら良いかとお悩みの方へ!その23。

☆ ”品格”を身に備えるにはどうしたら良いかとお悩みの方へ!その23。 ・『君子は言に訥にして行いに敏ならんと欲す』  君子は言葉を弄するようなことはしないということですね。たとえその発言が訥々 としていて「弁舌爽やか」と言うのとはまるで逆であっても一向に気にはしないもの です。接する人によっては、洗練されていない素朴さに魅力の微塵も感じさせない田 舎者のように思うかもしれませんが。  でもですね…

☆ ”品格”を身に備えるにはどうしたら良いかとお悩みの方へ!その23。

☆ ”品格”を身に備えるにはどうしたら良いかとお悩みの方へ!その23。 ・『君子は言に訥にして行いに敏ならんと欲す』  君子は言葉を弄するようなことはしないということですね。たとえその発言が訥々 としていて「弁舌爽やか」と言うのとはまるで逆であっても一向に気にはしないもの です。接する人によっては、洗練されていない素朴さに魅力の微塵も感じさせない田 舎者のように思うかもしれませんが。  でもですね…

☆ ”品格”を身に備えるにはどうしたら良いかとお悩みの方へ!その22。

☆ ”品格”を身に備えるにはどうしたら良いかとお悩みの方へ!その22。 ・『君子は義に諭(さと)り小人は利に諭る』  君子は道理を重んじるものだが小人は利益の有無を先ず考えるものです。これは 人々が関わる事柄のあらゆるものに言えることのようですね。  大体、世の人々というものは「損得の有無」で物事を判断しがちです。それが自分 に得になるなら行動しよう、とするのですね。最初っから損をする事になる、と…

☆ ”品格”を身に備えるにはどうしたら良いかとお悩みの方へ!その21。

☆ ”品格”を身に備えるにはどうしたら良いかとお悩みの方へ!その21。 ・『君子は人の美を成す』  君子は他人の美を見出し、これを助長してやるものだ、ということですね。当然の ことです。  君子とは「その19」で述べた妬み、やっかみのいわゆる”七つの障り”が心の中 にないのですから、他人の良い面が発揮されるのを邪魔することはありません。むし ろその反対で、たとえ他人事であろうと長所は活かして上げよ…

☆ ”品格”を身に備えるにはどうしたら良いかとお悩みの方へ!その20。

☆ ”品格”を身に備えるにはどうしたら良いかとお悩みの方へ!その20。 ・『君子は独(ひとり)を慎む』  君子というものは、他人の見ていないところでもその行いには慎みがある、という ことですね。兎角、人間というものは、他人の目がなければズボラにしていがちなも のです。  ですが、リラックスするなといっているのではないようですから、例えば、男性に とっては真夏の夜に風呂上りの後の下着のままで飲むビー…

☆ ”品格”を身に備えるにはどうしたら良いかとお悩みの方へ!その19。

☆ ”品格”を身に備えるにはどうしたら良いかとお悩みの方へ!その19。 ・『君子は禍(わざわい)至るも懼(おそ)れず』  君子というものは、信念をしっかりと堅持していて主体的に生きているので災禍が 降りかかってきたからとて恐れるようなことはしないということです。  「禍福はあざなえる縄の如し」なのですし、更には人類の歴史に思いを馳せればち っぽけな自分の身に生じた目の前の災いなんぞは何を恐れおのの…

☆ ”品格”を身に備えるにはどうしたら良いかとお悩みの方へ!その18。

☆ ”品格”を身に備えるにはどうしたら良いかとお悩みの方へ!その18。 ・『君子は道に憂えて貧を憂えず』  君子というものは常に人の道、道理の枠から外れることを憂えるが、生活上の貧し いことには一向に拘ることはないというのです。  これは正論中の正論でしょう。なぜなら心と精神の出来不出来の一切は自分自身の 精進の仕方で決まるものですが、所有することが出来る金品の多いか少ないかは運不 運によって大き…

☆ ”品格”を身に備えるにはどうしたら良いかとお悩みの方へ!その17。

☆ ”品格”を身に備えるにはどうしたら良いかとお悩みの方へ!その17。 ・『君子は交わり絶ゆとも悪声を出(い)ださず』  君子というものは付き合いが途絶えた後でも相手のことを悪く言うことは無い、と いうことです。  私事を語るのはなるべく控えたいのですが、分かりやすい説明が出来るので、恐縮 しつつ述べましょう。  私は、自分のほうから行き来を絶つようなことはほとんどありませんので、遠ざか り近づか…

☆ ”品格”を身に備えるにはどうしたら良いかとお悩みの方へ!その15。

☆ ”品格”を身に備えるにはどうしたら良いかとお悩みの方へ!その15。 〔前回は№15とすべきところ№16として一つ飛ばしてしまいました。よって、今 回分を№15とします〕 ・『君子は和して同ぜず、小人は同じて和せず』  君子というものは、常日頃から周囲の人々や人間社会の調和というものを何ものに も優先して日々の考慮を怠りませんものです。が然し、だからといって安直な同調や 無闇な妥協は決してしませ…

アーカイブ