円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

2014年 03月

『痴呆症改善講座』具体例⑩-A

『痴呆症改善講座』具体例⑩-A  日本列島を描かせましょう。もちろん一本線で、ですね。  この際に左右両手で行いますよ、利き手ではない方の図は逆にさせるのです。つまり 、左右逆の図になりますね。そうして後に、利き手でも逆な図が描けるようになります ので。これができるようになると喜びが加わること必定ですね、若い頃でもできなかっ たことなのですから。  で、これにて段々と日本列島の島々へと興味が行くよ…

『痴呆症改善講座』具体例⑨-A

『痴呆症改善講座』具体例⑨-A  毎日、一回は数を数えさせましょう。  例えば、食事の際の咀嚼(そしゃく)を一度は数えさせます。  「数量を計る」という行為も能動性の記憶力を喚起させることに大きな貢献をいたし ますよ。  また、散歩時には、出会った人々や犬猫などの動物の数を数えさせるのです。 …

小・中学生向けの講演文です

『発 意 力 養 成 講 座』 ~~言葉の数を楽に増やす方法で楽しく言語能力をやしないましょう~~ 円周率暗記世界記録録保持者 原口 證 Ⅰ、ごあいさつ  私は、「円周÷直径=3,1415~(どこまでも続く)を11万けた以上」覚え ています。このこと、何の役にも立たないようなはずなのですが、その途中では色々 な記憶の仕方やがんばらなくても記録が伸びる考え方などがずい分と思いつくのでし た。  今日…

中学・高校生向けの講演資料

向学心の高い中学生や高校生向けに行うレジュメを掲載します。膨大ですよ。 『発 意 力 養 成 講 座』 ~~道理に沿った《能力の出方出し方出させ方》の提案~~ 時;平成 年 月 日 円周率暗記世界記録録保持者 原口 證 Ⅰ、趣 旨  より高い言語能力を我が身に備えるには日常的な「意思」の発現が前提になります 。ですので、その基であり向学心にも直結する「発意力」の養成を企図るものです。 それで得た「…