円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

2015年 01月

『休日ごとの頭脳活性化講座』

『休日ごとの頭脳活性化講座』 ~誰もが死ぬまで明敏な意識力を維持できるものと信じて~ 《アレはなんだったかなー?》その1  「喉まで出掛かっているのに思い出せない、うーん、じれったい、歳は取りたくないものだ」という状況になった時は、嬉しい結果が得られることはなかったですね、殆ど。 このこと、50歳代前半までの私のことです(ですが、多くの皆さんが同様なのではないでしょうか)。  今は違います、何故に…

『休日ごとの頭脳活性化講座』

『休日ごとの頭脳活性化講座』 《アレ、今、何をするつもりだったっけ?》  これ、中高年の定番物ですね。  直ぐに忘れてしまう理由は明白です。皆さんご承知のように、やろうとしている間にも他の事が頭に浮かんでくるからですね。それ等の中に埋没してしまうからなのでした。 若いうちは、その「思ったこと」の強弱や高低が確実にあったのですが、加齢とともにそれが小さくなっているのですね。もっとも、それ以前に「思う…

『日曜日ごとの頭脳活性化講座』

『日曜日ごとの頭脳活性化講座』  《食器への名付け》につき、結果は如何だったでしょうか。  必ず、活性化になったはずですよ、頭脳が刺激されたのですからね。  ちなみに、私は腕時計に友人の名前を当てています。  14~17歳の間、始終連れだって遊んでいた「三…君」です。  で、その時計を腕にして外出するたびに「三…君」が同伴することになるわけですよ。 するとですね、中学生や高校生とすれ違うたびに、自…

『日曜日ごとの頭脳活性化講座』

『日曜日ごとの頭脳活性化講座』  前回に提案しました下記につき如何なりましたでしょうか。  1、食事の際、箸を取るしぐさにつき、いつもの倍の時間を掛ける。  2、物をテーブルに置く際、      同上  3、目の前の人に話しかける時、    同上  これに関して、以下に解説します。《時間を掛ける、ということに気を置く》ようにしたところ、  1、手を添える箸の位置がフッと気になったのではないでしょう…