円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

2016年 04月

『 日本地図異名帳② 』

『 日本列島異名帳 』【19】 {これは私、原口が馴染み込んでいる自分の腕時計に仮託して私独自の記憶能力向上法を語る話です}  今回は、【17】の続きです。 さて、覚える理由を彼は、次の一言で片づけましたよ。 「形容の趣向が効いてンダデバ」 なるほど、そうなのか。 ここで、その点を意識しながら“日本地図異名帳”の続きを読んでみましょうよ。 〇 【兵庫県;剽軽なタコ】は、アハハだ、愉快です。 〇 【…

《 積もった“ちり”は崩れない 》

《 積もった“ちり”は崩れない 》 {これは私、原口が馴染み親しんでいる自分の腕時計に仮託して日々の心情を語る話です}  世の俚言に【チリも積もれば山となる】というのがあります。 この度の件で彼も、それを実感しているようです。 それに加えて“積んだチリが崩れて無駄になることは絶対にない”とも信じ込んだようですよ。 経験したことは、必ず我が身の糧になる、と思っているのですね。 もちろん、随分と時がた…

《 100㎞、完歩しました 》

《 100㎞、完歩しましたとサ 》 {これは私、原口が馴染み込んでいる腕時計に仮託して日々の心情を語る話です}  完歩したってさ。 歩き切ったそうですが、まー、足・膝・腰がガクガク。 下半身の【関節】が皆、しっかりしてくれと言うご主人の思いを聞き入れない。 まったく、思い通りにいかないのでした。 関節のやつ等め、「我らは関節、われ関せず」と、間接的ではなく直接言うのです、はっきりと。 ですから、彼…

『 日本列島異名帳 』

『 【小豆島】、それはハイジのユキちゃん仔山羊 』【17】 ※{これは私、原口が馴染み込んでいる腕時計に仮託して私独自の記憶能力向上法を語る話です}  《 日本列島異名帳 》 彼は、こんな大事なことをポロッと言う。 「名付けたものは大概、忘れねーものサ。スかもだ、聞ガセラレダ方も忘れねーダッペ」 「ンダガラな、中学校の先セーのあだ名、今でも覚えデッペナ」 オ! そうだ、なるほどー。 そういえば、彼…

『 【異名付け】は脳細胞を刺激する 』

『 電柱;大男のたて笛 』【15】② 【異名】話の続きです。 だがだ、次のが、どうにも解せぬ。 道の傍らに捨て置かれた【電柱】を指して言うのには唖然としたよ、“開いた口がふさがらん”、とはこのことだね。 何だと思う? うん、見当もつかないでしょ? 【大男のたて笛】だとさ。 そんな物を笛にして吹ける大きな男が、どこに居るというのだよ。コンクリート製で重いのだぞー、しかも長いのだぞー。 そりゃー言われ…

被災なされた方々へ!

被災なされた方々へ! この度の熊本地震の被害に遭われた方々に対し、このように喜楽で安穏な内容のブログを書いていることに、後ろめたさがあります。 実は、私の父親の実家が熊本県にあるので、親戚も多いのです。 そんなこんな、を思いながらも我が身を何かに集中していることが、被災なされたお人たちへの私なりの慮りになるかと捉えて、せっせと書き綴ることにしております。 明後日の「100㎞ウォーキング」もそのよう…

《 100㎞、歩くんだとさ 》

《 100㎞、歩くんだとさ 》 ※{これは私、原口が馴染み込んでいる腕時計に仮託して日々の心情を語る話です}   老人たちは、よく歩く。 散漫歩行は我らの専売特許とばかりに、ほぼ毎日、頬を赤らめ歩々行々。 我が主とて年寄りだ、【歩禅】を気取り歩きます。 【歩禅;“歩く禅”、座る禅を歩きに換えたもの】 【歩き】そのものもまた“我が身、今ここにあり”を味わわせてくれている、というのですよ。 (ちなみに…

『 【異名付け】も頭脳活性を促す 』

『 スカイツリー;UFOねらう注射針 』【15】① {これは私、原口が馴染み親しんでいる腕時計に仮託して私独自の記憶能力向上法を語る話です}  今度は、【異名】だってさ。 「味がない【名】なだナヤ」と思うものに彼は、異名で味付けするのだそうだ。 その味が効いて“忘れない⇒頭脳が活きる”との特典あり、だってさ。 では先ず、半ば呆れるようなものから披露します。 彼によると【東京タワー ⇒ 日本列島の避…

『 【物】に眼や心があったなら! 』

『 【物】に眼や心があったなら!』【14】  ※{これは私、原口が親しみ馴染んでいる腕時計に仮託して私独自の記憶能力向上法を語る話です}   今回、先ずは彼が次のような伝文を寄せてきたので披露します。   〇 “【物】に眼や心があったなら”という着想を得、【物】の持つ属性の諸々につき語らせようと試みると、手つかずに残る原野状の脳機能が垣間見えてきた。  〇 それは、頭脳活性化に寄与するだろう開墾次…

『 孤独な暮らしも頭は健康!』

『 【物】を擬人化してみましょう!』【13】 ※{これは私、原口が馴染み親しんでいる腕時計に仮託して私独自の記憶能力向上法を語る話です}  《 孤独な老人でも頭は健康を保つ 》 彼は、変わったことを事もなげに言う。 「ンダガラな、物をヒドド見做ステ遊べばイインダ」。 「【物】を人格化して、戯れ遊ぶ相手にしてごらんなさい」と言うのですよ。 非常識ではないでしょうが、“不常識”ではあるね。 そんなこと…

アーカイブ