円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

2016年 06月

『 近況報告 』《 “長歩”の話、続編です 》

『 近況報告 』《 “長歩”の話、続編です 》 お伝えしましょう。 昨日“更なる長歩き”を決行したのですよ。 夜中の送りだしを嫌がる妻が寝入った深夜の1時20分に出立したのです。 ですが、中途の撤退です。家の者に迎えに来させて戦線離脱をしてしまったということですね。 例の「房総100㌔ウォーキング」のコースの途中に、我が家から6.5㎞の所で入れるので、“都合113㎞”を目指して血気盛ん、意気揚々と…

『 近況報告 』《 “長歩”の話です 》

『 近況報告 』《 “長歩”の話です 》 私の、競歩ならぬ“長歩き”の話をさせていただきます。 最近は、とみに歩く距離が長くなっております。 一旦、外に出たなら「50Km前後」は、こなしてから帰ってまいります。それ以下では物足りなさが募って不満なのでした。 “頑張らない方がドンドンと意欲が増して成長するもの”とする私の持論がそのまま表れている結果ではありましょう。 で、昨日は、ほぼ「ほぼ75㎞」を…

《 常に“〔数を確かめる〕”という愉快な習慣づけ 》

《 常に“〔数を確かめる〕”という愉快な習慣づけ 》 〇“数を数える”のですよ。 日常、目にする身近な事柄につき、数量を確かめてみるのです。 例えばですね、「電車内の人数」、「交差点の青信号の時間」、「昼食時のレストランの席数」など等につき、確認や推察をしてみるのですよ。 すると、ですね。普段は思いが向くことなどなかった事柄が気になりだすものです。 もしもですよ、「散歩中、こっちの角から向うの辻ま…

《 鋭敏な”シャーロック・H”に成れる方法 》

《 ”シャーロック・H”に成れる方法 》 そのコツとは、ですね。 幾つもの“微コツ”で構成されております。 つまり、それ等の“ササヤカなコツ”が〔合わせワザ〕となって、あの”鋭敏さの権化のような〔シャーロックさん〕”に対抗しようというわけですよ。 そりゃー、〔ボアン〕の私ですからね。一息に彼のレベルに成れるわけがありませんでしょうよ。 ですから、これにてご勘弁願います。お詫びに“微コツ”の全てをご…

《“〔曖昧ごと〕の見つけ出し”という考え方(知恵者になれる) 》

《“〔曖昧ごと〕の見つけ出し”という考え方(知恵者になれる) 》 だとするなら、次のように単純な疑問が芽生えます。 「どうしたら、細やかな事柄が気付けるようになるのか」と、ですね。 はい、そこで提唱したいのが“〔曖昧ごと〕の見つけ出し”なるものです。 この世に存在する事象・現象、物々事々の全てがすべて、それ特有の事情というものを必ず抱えているものですからね。もしも様々な、それ等に思いが向くようにな…

《 “〔曖昧ごと〕排除”の持つ意義 》

《 “〔曖昧ごと〕排除”の持つ意義 》 話を少々、戻しましょう。 さて、それならですね。 身近にある〔曖昧な事柄〕を出来るだけ取り除いていったなら、その分だけ利発になれるのではないでしょうか。 日々の生活上、一見は何気なく見聞きする様々な〔曖昧ごと〕につき、一々つぶさに詳しくしようとする姿勢を堅持しているなら、多分はドンドンより明晰な頭脳へと限りなく向上していくことになりましょう。 ところでですよ…

《 “知識に〔添え木〕を”すれば記憶は濃くなるのです 》

《 “知識に〔添え木〕を”すれば記憶は濃くなるのです 》 前回や前々回の〔億劫ごと・面倒ごと〕への積極的な取り組みは心身の活性化に直結する旨をのべましたね。 さて、その延長として取り上げたい事柄が“〔曖昧〕の排除”です。 〔曖昧な事〕を明確にしようとする行為も頭脳活性化につながる、ということですよ。 幸い、現在はインターネットが充実しております。 疑問に思える事柄は、それが何であってもパソコンで安…

《 “〔面倒〕は、頭脳活性化へのシグナル”です 》

《 “〔面倒〕は、頭脳活性化へのシグナル”です 》 前回に、〔億劫〕という現象を体力面に限定して考察してみました。 それならば、「〔面倒〕という言葉の場合はどうなのか」という疑問が生じてまいりますね。 はい、ですので、こちらは頭脳活性化への注意を喚起する事柄を指すものと捉えてみるのも面白そうだ、と考えております。 「この頃、面倒だ、と思うことが多くなったような気がする」という状況になったなら“頭脳…

《 “〔億劫〕は、体力の維持・増進への喚起”なのです 》

《 “〔億劫〕は、体力の維持・増進への喚起”なのです 》 遠出する際には、妻が「夫は元気で留守が良い」とばかりに、いつでもニコニコ顔で送りだしてくれます。 ですが、始めの頃には「何万歩も歩くなんて、億劫には思わないの?」と、問いたげな表情をしたことがありましたよ。 ええ、そのような感情を持つことは殆んどありません。歩きたくて歩いているのですからね。 ですが、その時にフッと、次のような〔気付き〕が生…

《 常に成長し続けるコツ 》

《 常に成長し続けるコツ 》 私たちは皆、この世での我が身の処置を一人で担っている専門家です。 自分の身だけを天なる神仏から直接に任されている選任者なのですね。 ですので、私は密かに「原口證心」と名乗っております。また戯れに「原口山・證心寺」とも思っているのでした。 こんな発想で生活するようになったのは随分と若い時分からなのではあるのですよ。 ですが、これが未だに効能を持っております。日々に精進と…

アーカイブ