円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

2016年 07月

《 それも是非のないこと 》

《 それも是非のないこと 》 はい、そうですよ。 “〔意気〕に切り替えて生活する”なんぞということにつき、知らず気づかずに生活してきたのですからね、無理もなく仕方もないことではあるのでした。 世の中のほぼ全ての方々が、そのように思い込んで生きてきたのですので、私が安直に否定するなんてことは許されないことなのですよ、絶対に。 これまでの人間歴史を通して貫流していた社会的通念なのですものね、“頭脳は老…

《 日々、“心ここに在らざる状態”なのです 》

《 日々、“心ここに在らざる状態”なのです 》 さて、話を一旦戻しましょう、“世心”という活性ワザなんぞ思いもよらなかった昔の私と世間一般の人々の身の上に、です。 で、それならば、ですよ。 要するに、私たち皆が“頭脳の不活性”を自ら招いていることになりましょう、この俚諺(りげん)通りには生活していないのですからね。 はい、残念なことではありますが、そのように心がけるべきだとは社会全般が“気づかずに…

《 これにより“明確な想起”が出来る 》

《 これにより“明確な想起”が出来る 》 前記した事柄により、頭脳がシッカリと働いている証拠を示しましょう。 私は、毎日の就寝時にその日の出来事を瞑目しながら想起する習慣を持っております。 ・目覚めの時刻・ブログの書き込み・朝食の時刻とその食した物・外出時刻・歩いた道々・出会った人々・目にした風景・語り掛けた草木・覗き込んだ川の流れ・昼食時の情況 など等、諸々につき“明確な想起”をするのでした。 …

《 〔絵心〕や〔魚心〕が、“心ここに在る”良い例です 》

《 〔絵心〕や〔魚心〕が、“心ここに在る”良い例です 》 さて、ここで思い出されますのが、〔絵心〕ですよ。 よく言われる“〔絵心〕がある”と思われている人物は、この基準が既に既知の事柄として頭に入っているのですね。 ですから、容易にスラスラと描けるのです。 きっと、そのようなお人は美術教室にでも通って身に付けたのでしょう、その〔絵心〕なる心の基準を、です。 ホラ、あの人たちは鉛筆を道具に物と物との…

《 心ここに在らざれば! 》

《 心ここに在らざれば! 》 さて、皆さん。 ここで思い出して頂きたいのが次のコトワザですよ。 【心ここに在らざれば視れども見えず】という中国の古言がございましたね。 “日々の出来事の殆どを記憶していない”という現象につき、この言葉が如実に示してくれているのではありませんか。  一般的には単に〔上の空〕を戒めるだけの諺として捉えられていましょう。ですが実のところ、もっと深遠なものを含んでいるのです…

《 昨日の起床~就寝、覚えている? 》

《 昨日の起床~就寝、覚えている? 》 「そんな、人生のロスのように言うなんて。しかも人類云々まで言及するとは、大仰過ぎませんかね?」との声が聞えてくるようです。 ハイ、確かに大げさに述べましたよ。注意を喚起したくて、ですね。 ですが、皆さんにチョッとお聞きしますよ。 昨日の昼夜につき、以下のような出来事をどれだけ思い出せましょうか。 ・朝は、何時ごろの起きましたか・読んだ新聞記事は何?・視たテレ…

《 これは、由々しき事態です 》

《 これは、由々しき事態です 》 ではありますがね、皆さん。 これより一転、絶対的なマイナス課題を提起することになりますが、宜しいでしょうか。 どうか、腹を据え気持ちを整えて泰然とお聞きくださいますよう願いいたします。 始めの論調はきつくても、いずれは希望の結言へと展開してまいりますから、先ずはご安堵の思いを用意しておいて頂きましょう。 さて、皆さんお気づきでしょうか。 “見えてはいても殆ど記憶は…

《 若者だって同じです 》

《 若者だって同じです 》 その証拠に、記憶力が旺盛だとされる若者にしたところで“顔描き作業の困難現象”は同様に現れます、老若での差異はないのですよ。 えー、もちろん紙幣の件も美術館の話もそうなのです、若者たちだって全く覚えません、記憶できるわけがないのですよ。 私が考察しますに、脳細胞の機能がそのような仕組みになっているのですからね、年齢の多寡に関連する事柄では決してないのです。 ちなみに皆さん…

《 これ、記憶力の問題ではないのですよ 》

《 これ、記憶力の問題ではないのですよ 》 以上、三つほどの方法で皆さんに“記憶の度合い”をお尋ねしてみました。 が、実はですね。 これ、誰もが案じたでしょうけれども、“記憶力の衰退を確認する問題では決してない”ものだったのですよ。 いずれの場合も殆どの方々が芳しくない状況であることを予め言い添えておきましたように、人間の眼というものは皆さんが思うほどは働かないように出来ているのです。 その事を是…

《 自画像を描けますか 》

《 自画像を描けますか 》 次の事柄には、皆さんの誰もが多分もっと驚かれますことでしょう。 ご自分の〔似顔絵〕を紙に描いてみてくださいな。 もちろん記憶度合いをチェックするものですからね、鏡は見ませんよ。 でも、そんな条件が入ったとて皆さん気にすることなく、「ホイな」とばかりに安請け合いしましたでしょうね、きっと。 だがしかし、これがナカナカ難しいのでした。思うようにはペンを動かすことが出来ないは…