円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

2018年 12月

⦅〔視覚機能〕の仕組みとは?⦆

⦅〔視覚機能〕の仕組みとは?⦆ 昨日の答えは【space】でした。 さて、〔視覚能力〕につき、暫くぶりに確認させて頂きましょう。 〔視覚〕の第一義は“”防衛機能である“”という事ですね、身の安全確保・保衛のための仕組みなのでした。 その象徴が“”視野が☆☆☆度以上ある“”というものでしょう、それ程あっても動く物を素早くキャッチするため以外には何の役にも立たないのではありませんか。 つまり、目を開け…

⦅“〔視覚〕の限界”につき!⦆

⦅“〔視覚〕の限界”につき!⦆ 昨日の答えは、“”〔視覚〕という機能は記憶能力と必ずしも直結していない“”でした。 さて、瞑目した途端に脳働きが活発に成るとあっては、随分と奇妙にも思えてくるのではありませんか。 はい、そうなのですよ。 言い機会ですから、この際に〔視覚〕の意味するところを吟味して置きますね。 皆さん驚くでしょうが、“見えている”と言っても左程は宛てに成らないものなのでした。その証拠…

⦅“〔☆☆〕の頼りなさ”につき!⦆

⦅“〔☆☆〕の頼りなさ”につき!⦆ 昨日の答えは、“”〔目が見える〕なんてものは大して〔記憶〕の足しになっていない“”でした。 はい、そうなのですよ。 この事実には、誰もが驚愕されるのではないでしょうか。 要するに、“”〔☆☆〕という機能は記憶能力と必ずしも直結していない“”のですし、それどころか記憶作業の妨げ・邪魔になっていることにも成って参るという訳でした。 〖ボケ小僧の斑太郎〗が大手を振り闊…

⦅“目明きの不便”とは?⦆

⦅“目明きの不便”とは?⦆ 昨日の答えは、“”その大概が無造作であり惰性的でもあるから認識しにくい“”でした。 はい、そうなのですよ。 私たち目明き人の日常というものは正しく脳働きの少ない生活に陥っているのでした。 この事、そのようには誰もが認識せずにいる故であるのは間違いありませんね。 つまり、ですよ。 目明き者と盲目者との頭脳の活性度には随分と大きい隔たりがあるのでした。 それについては慣れ親…

⦅“認知症に罹らない人々”とは?⦆

⦅“認知症に罹らない人々”とは?⦆ 昨日の答えは、“”〔心神(精神)性〕“”でした。 はい、そうなのですよ。 上記の言葉につき一般的には皆さん安直に使っておりましょう、がしかしその実質は人間が身の内に秘匿した神の御業に相違ないという事ですね。 さて、理屈っぽい話が続きました。 ついては近々に再び“”懸想の典型例“”の提示に戻すとしましょう。 で、それにつき前置きを一言、申させて頂きます。 世の中、…

⦅〖幽膜〗の秘めたる力!⦆

⦅〖幽膜〗の秘めたる力!⦆ 昨日の答えは、“”自己の創造力は子や孫たちに伝搬する“”でした。 「自己の創造が子孫の役に立つ? そんなこと信じられないね」と申されましょうか。 ならば問いましょう。 さて、私たちは誰もが父母の精神的な刺激を受けている事は確かですね。 で、その父母も祖父母たちからの影響があっての人生だったのもこれまた間違いないでしょう。 ならば、この論理は何代であろうと何処までも遡れる…

⦅【蛙の子は蛙】の深読み!⦆

⦅【蛙の子は蛙】の深読み!⦆ 昨日の答えは〖幽膜〗でした。 話が〖幽膜〗に及んだところで、チョッと愉快な話をお伝えしましょう。 さて、皆さんは【蛙の子は蛙】という諺が、{所詮は子が親のレベルを越えるものではない}との“負の意味合い”であること、ご承知ですよね。 ですが、それなら親が精進すれば子もそのレベルに到達しうる、とも捉えられるのではありませんか。 ハイ、裏を返せば勿論そう成るのが必然なのでし…

⦅“☆☆(オーラ)”の役目!⦆

⦅“☆☆(オーラ)”の役目!⦆ 昨日の答えは“”純自然的存在であり、純自然的人生でもある“”でした。 さーそれならば、ですよ。 純自然的な人物と成ってみれば、ですね。 そこには常に心の底からの喜悦がある筈なのではないでしょうか。 否定的な見方、マイナスな感覚が拭い去っていくような想いがしてくる筈なのですよ。 例えば、“”年寄り ⇒ 年伸び“”であり、“”病気 ⇒ 身体の強めな癖“”でもあり、“”老…

⦅“☆自然的存在”とは!⦆

⦅“☆自然的存在”とは!⦆ 昨日の答えは“”〔山〕と〔道〕“”でした。 はい、正しくそうなのだろうと愚生は想っておりますよ。 自分自身の“”個性みがきこそが登るべき〔山〕“”であり“”日々の生活こそが進むべき〔道〕“”だと断定できるのですよ、専門家なのですからね。 さて、世の中の誰もがご自分を〔専門家〕だなんぞとは認識していませんでしょう。 ですが、神仏からこの世での仕置きを託された唯一の存在であ…

⦅“自分自身の専門家”とは!⦆

⦅“自分自身の専門家”とは!⦆ 昨日の答えは“” 自分自身の専門家“”でした。   ※ 寄せられた答えに{表現者}というものがあり、そちらの方が適切かもしれませんね。 そうなのですよ。 神仏が人間に求める究極的な目的とは、ですね。 自己存在の用い込み、備えられた能力(特別なものではなく、誰もが持っているもの)のキメ細やかな使用にある事は確かなのでした。 えー、そうなのですね、“”自分が登るべき☆“…

アーカイブ