円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

2019年 01月

⦅”西洋の神”とは!⦆

⦅❝西洋の神❞とは!⦆ 昨日の答えは“”〔たましい〕には〔魂〕と〔魄〕の二つがある“”でした。 そんな〔たましい〕の二面については後の事にし、先ずは〔神・仏論〕ですね。 さて、唐突ですが“”西洋式な〔神〕という言葉の概念に於いては唯心論が成り立ちにくかろう“”と愚生は想っております。 西洋的感覚では心身一体ですからね、“”〔☆☆〕が独立に存在するなど考え難い“”のではないでしょうか。 つまり、心理…

⦅❝天国❞では!⦆

⦅❝天国❞では!⦆ 昨日の答えは❝天国❞でした。 つまり、〔あの世〕ですよ、その地こそが死後の拠り所となるのでした。 其処では〖幽膜〗たちが集いあって、この世でのアレコレを吟味し審議するらしいのですね。 そうして、また宇宙の各銀河・各惑星へと派遣されるのでした、新たな“”心神的エネルギー“”を収集する為にです。 「集めてどうするのか」と問われましょうか。 宇宙の運行に動力源として用いるのですよ、も…

⦅“〔たましい〕の故郷”が見えた!⦆

⦅“〔たましい〕の故郷”が見えた!⦆ 昨日の答えは〖ブラックホール〗でした。 ハイ、いずれはそんなスケールへも展開したい当SF物語の壮大さではあるのですよ。 それ程なまでになる私たち人間の本来的な価値につき、シッカリと認識して生きていたいものです。 ではありますが、先ずは身近な事柄から進めてまいりますね。 私たちは死にますが、それは何故でしょう。 この世に厳然とした生死が規定づけられている理由は奈…

⦅“心霊世界”とは?⦆

⦅“心霊世界”とは?⦆ 昨日の答えは、“”〖心霊世界〗“”でした。 さて、この地球は人間に代表される生命が誕生するまで〖唯物世界〗でした。 ならば、その逆のパターンも当然に在ると考えても可笑しくはありませんでしょう。 始めに〖心霊(たましい)〗だけの世界があり、その後に物質界が出現した天体も在るのではないかとの発想ですね。 それを敷衍して考えると、更には次なり壮大な論理も展開できるのでした。 つま…

⦅“☆☆世界”とは?⦆

⦅“☆☆世界”とは?⦆ 昨日の答えは、“”地球内生物に留まってしまう“”でした。 はい、そうなのですよ。他の動植物と同様の位置づけとなり、霊的存在の意義がなくなりましょう。 そうすると、他の天体と行き来する宇宙人が地球人類の未来型とは言えなくなるのではありませんか。 あくまでも地球限定の生物に規定されてしまいますからね、そうだとするとキリスト教の教理である次のような大命題が随分と薄れてしまいましょ…

⦅ 来生の一案“地球外世界”⦆

⦅ あの世の一案“地球外世界”⦆ 昨日の答えは、“”UFO(宇宙人)の存在“”でした。 そんな天空の人たちですからね、地球人に飛来する科学力の高さは容易に想像できましょう。 そしてまた、もちろん精神面での能力も当然に、地球人のそれを大きく超越しているだろうことも間違いありませんのですよ。 つまり、吾ら地球人の精神的にランクが上の存在だという訳ですね。 さー、するとですよ。 その地に生まれ出ずるのは…

⦅“未来の姿”とは!⦆

⦅“未来の姿”とは!⦆ 昨日の答えは、“”〔倉庫 or アーカイブ〕である〖幽膜〗“”でした。 さて、ザっとではありましたが是にて〖幽膜〗のお浚いを一旦は終わりにしましょう。 次いで、いよいよ〔たましい〕の範疇に入ってまいりますよ。 先ずは、地球上で勢力を有するモノにつき、次なる二つに分類する事から考察していく事にしますね。 この世で主体を為す存在につき一つは海山川で代表され自然界に満ち満ちている…

⦅“頭脳と〖幽膜〗の関係”とは?⦆

⦅“頭脳と〖幽膜〗の関係”とは?⦆ 昨日の答えは、〔気づき・閃き・想いつき〕でした。 さて、日本は高度の工業国ですね。 しかし、どれほど高機能の工場であったとても使用材料と出来た“”製品の保管場所は必ず製造工程とは別途“”にされておりましょう。 この構造は、頭脳も同じなのですよ。 材料である既知の知識は、“”〔倉庫 or ☆☆☆☆☆〕である〖幽膜〗“”に収納されているという事ですね。 つまり、新し…

⦅“頭頂の光”も然り!⦆

⦅“頭頂の光”も然り!⦆ 昨日の答えは、“”放射線状の光彩“”でした。 さて、何か大きな意味深い事につき閃き想った際、“”頭頂部がパッと明るくなる“”風に感じる事がありましょう。 そんな時には実際に頭の上が光るもので、傍にいる人さえ気づくほどの場合もあるのですよ。 「何故に頭が?」と問われましょうね。 〔気づき・閃き・☆☆☆☆〕の元になる知識は頭の外(つまり〖幽膜〗)にあるので、そこから瞬時に入り…

⦅“☆☆現象”も〖幽膜〗による?⦆

⦅“☆☆現象”も〖幽膜〗による?⦆ 昨日の答えは“”空中にある〔オーブ〕“”でした。 次に、〖網膜〗の存在を示唆するものとして光源から放射線状にでる〔☆☆現象〕も挙げて置きましょう。 さて、少し離れた街灯を見ると必ず“”放射線状にでている〔☆☆〕“”が見えますね。 ですが、光というものは光源から全方位に隈なく出ているので、疎(まば)ら状態にはならない筈でしょう、光量が取り分け強く強調されて見える線…

アーカイブ