円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

2019年 02月

⦅“先天性疾患”の存在とは?⦆

⦅“先天性疾患”の存在とは?⦆ 昨日の答えは〔先天性疾患〕でした。 先天性の病で苦しむ患者たちは、ですね。 〔盲人〕とは違って患者自身で改善・改良できる事など先ず以って考え難いのですよ。 何故ならば、そのような病が古代や近代に存在しなかったことは明らかですからね、いずれも“”〔☆☆〕の進化に随伴して生じてきた病“”に相違ありません。 言うなれば“”進化の闇なる部分“”とでも規定すべき事象ではありま…

⦅“盲いる動物”は存在し難い!⦆

⦅“盲いる動物”は存在し難い!⦆ 昨日の答えは“”長い長―い精進を積んで“”でした。 はい、そうなのですよ。 〔盲人〕は神代の時代から連綿とした歴史的進化の過程で〖魂がかり〗の能力を積み重ねてきたのではないかと推定できましょう。 そうしてつまり、その歴史の先端にある現代の〔盲人たち〕は〖魂がかり〗的な日常を送っておられる方々ばかりなのだろうと想えて成りません、恐らくその皆さんが。 さー、それでまた…

⦅“心の平安”は〖魂がかり〗なのです!⦆

⦅“心の平安”は〖魂がかり〗なのです!⦆ 昨日の答えは“”秘められた〔神仏〕の訓諭“”でした。 はい、それで愚生は先ず次のような考察を始めたという訳です。 { 平安な生活を享受する者が、苦渋の日々を過ごす人々に対し後ろめたさを感じずに居られる為には如何様に在るべきか } “”この世に難病を絶やさない“”遠大かつ高邁すぎる〔神仏〕の計画なんぞ、直ぐには理解しかねる故、先ず以って考えたのが上記した自分…

⦅“〔神仏〕の☆☆”とは!⦆

⦅“〔神仏〕の☆☆”とは!⦆ 昨日の答えにつき愚生の案は{ そんな無慈悲で理不尽な状態 }でした。 先天性疾患で辛苦の闘病生活を送っている人々の存在につき、見聞きする度に五体満足な吾が身に後ろめたい想いがするのは、決して愚生一人のみではないでしょう。 何故なら、その病の対象に誰も彼もが成りうる筈なのですよ、先天性ならばですね。 従って、私たちの平和な日々とは、彼らの犠牲があって故に得られているとい…

⦅“悪しき〖魂がかり〗もあるのです!⦆

⦅“悪しき〖魂がかり〗もあるのです!⦆ 昨日の答えは〖魂がかり〗でした。 はい、そうなのだろうと愚生は確信しておりますよ。 そんな人々の代表例が〔瞽女(ごぜ、盲御前)〕ではないでしょうか。 彼女らは三味線や胡弓の門付芸で全国を歩く回っているのですよ、そんな姿を想像すればする程に畏怖の念が募ります。 女性ですからね、その気苦労たるや男性である愚生なんぞには計り知れない辛酸があった事は確かでありましょ…

⦅〔盲人〕の感性は“ウルトラ級”⦆

⦅〔盲人〕の感性は“ウルトラ級”⦆ 昨日の答えは“”超常識な能力“”でした。 はい、そうなのだろうと想えてなりませんのです。 〔盲人〕の凄さには常に目を瞠らさせられましょう。 例えば、始めて通る道であってもシッカリと戻ってくるようなのですね、目明きの私たちなら戻りの曲がり角では必ず戸惑い躊躇しながらの道行きになるのに、ですよ。 これを単に“”五感をフル活用しているからだ“”と観る方々も居られましょ…

⦅〔盲人〕の持つ“神秘的な力”!⦆

⦅〔盲人〕の持つ“神秘的な力”!⦆ 昨日の答えは“”超人的(神秘的、もピッタンコですね、愚生の素案は【不思議】でした)な現象が垣間見えてくる“”でした。 そうなのですよ、愚生に生じた〔幽体離脱〕に類似する尋常ならざる機能が常に発揮されているのではないか、との疑念が付き纏ってならないのです。 暫く前に次のように論述した事を思い出して頂きましょう。 “”〔盲人〕たちの脳働きは、吾々一般人のそれを遥かに…

⦅〔盲人〕は“認知症、精神障害者にならない”!⦆

⦅〔盲人〕は“認知症、精神障害者にならない”!⦆ 昨日の答えは{こんな事が〔盲人〕の身に起きるなど、あり得ない}でした。 そうなのですよ、目明きの吾々生じる諸々の不都合とはですね。 なまじ見えるが故に惹き起こされる“”記憶の忘却現象“”である事は疑いありません。 精神障碍者や盲人など、日々に困難な状況に身を置いている方々に想いを向けてみると、安直な生活者である吾が身の至らぬ部分が明確に浮き出てくる…

⦅“自分に認知症が?”との状況!⦆

⦅“自分に認知症が?”との状況!⦆ 昨日の答えは“”{自己存在}の過剰な危機感“”でした。 精神的な病とは、赤子の夜泣きから始まり中年期まで連綿と続く“”強い恐怖感“”が背景となっている事は間違いない筈ですね。 つまり、それは“”自己保全力を維持するための恐怖感“”だという訳ですよ。 {心身の安寧を管掌するのは〔魄(白側)〕であり、それを保護し補修するのが〔魂(云側)〕という仕組みになっているのだ…

⦅“〔魂〕は意外と身近”なのです!⦆

⦅“〔魂〕は意外と身近”なのです!⦆ 昨日の答えは、{三重苦のヘレン・ケラー}“”でした。 そんな数奇な心理を辿った人物に想いが向いた今、何時もより真摯な気持ちで話を進めましょう。 愚生は、ある重篤な〔統合失調症患者〕が快方に向かいだす直前に、その身から“”10センチほどの四角く黒っぽい靄みたいなモノが抜け出した“”のを目撃しております。 これにて、正しく“”病の気は確かに存在する“”と気づいたの…

アーカイブ