円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

2019年 05月

⦅〔昇天〕の仕組み!⦆

⦅〔昇天〕の仕組み!⦆ 話を、中途になっている“”❝天国・分院❞の役割“”に戻しますね。 さて、その例題にした“赤ちゃん〔魂〕”と共に〔月〕と〔地球〕とに行き来する祖父母たちの〖魂体〗は、それを一体どのような仕組みで行っているかにつき、説明してまいりましょう。  動力源 = 生前に積んだ意力(つまり思考・想像力)。  〔 ① 項 〕が〖魂体〗の〔渦力〕の元となる。  昇降パイプ =〔月〕の自転と〔…

⦅“本物語が誕生した理由”の再確認・その8⦆

⦅“本物語が誕生した理由”の再確認・その8⦆ 昨日の答えは昨日の答えは、❝あの世/分院・本院・奥の院❞でした。 これにつき、次の観点からも説明ができるので披露して置きましょう。 さて、人間の〔魂〕は不滅であり且つ《神仏》と合一するものだ、と分かってみればですよ。 その存在する場所は、大宇宙を完全に俯瞰できる所でもありますね。 そうして、地球などの天球ごとも細かく把握できる地にも必要となりましょうし…

⦅“本物語が誕生した理由”の再確認・その7⦆

⦅“本物語が誕生した理由”の再確認・その7⦆ 昨日の答えは“”《神仏》とは、死者の〔魂〕の総体である“”でした。 今回は、❝あの世❞が複数になる理由を解説しましょう。 さー、現在の私たちは死後も〔魂〕が残存する事を知りましたし、それが《神仏》の一部となるらしいとも気づき出しました。 すると、その《神仏》から離れて、また肉体を持つ〔生まれ変わり現象〕の可能性もが視野に入っても来るのではありませんか。…

⦅“本物語が誕生した理由”の再確認・その6⦆

⦅“本物語が誕生した理由”の再確認・その6⦆ 昨日の答えは〖〔魄(白の方)〕;生命を担い、〔魂(云の方)〕;心神を司る〗 でした。 さー、それではですね。 今や私たちは〔菌〕や〔植物〕にも死後、所属する種族の総体に寄与することが出来ると分ったのですよ。 それならば、ましてや霊長類の長である人間ですからね、死んだ後でも保持しうる高度な能力が有って当然だという事にも成って参りましょう。 そうして、その…

⦅“本物語が誕生した理由”の再確認・その5⦆

⦅“本物語が誕生した理由”の再確認・その5⦆ 昨日の答えは、“”夜泣き現象“”でした。 次いで、〔魄(白の方)〕につき論じてみましょう、少々話が飛びますがお付き合い願います。 さて、人間とインフルエンザ等の〔病原菌〕とはイタチごっこをしておりますね、新規の薬で駆除し排除しても菌たちは新たな耐性を身に着けて対向してまいりましょう。 この事は農業の分野でも同じで、例えば田に蔓延(はびこ)る〔オモダカ〕…

⦅“本物語が誕生した理由”の再確認・その4⦆

⦅“本物語が誕生した理由”の再確認・その4⦆ 昨日の答えは“”〔守護霊〕の存在“”でした。 〔夢〕に関して、もう一つ奇妙ながらも大変に興味深い話をして置きましょう。 さて、幼児たちが怖い夢を見てシバシバ〔☆☆き〕する事につき、よく知られた事実ですね。 この“”☆☆き現象“”、考えてみれば随分と不思議な成り立ち方なのでは有りませんでしょうか。 先ず以ってですよ。 年端もいかぬ彼等ですからね、実生活の…

⦅“本物語が誕生した理由”の再確認・その3⦆

⦅“本物語が誕生した理由”の再確認・その3⦆ 昨日の答えは“”〔来生〕は存在する“”でした。 さて、今度は次の有り難くも愉快な話を挙げてみます。 “”就寝時、しばしば妙に神がかった〔夢〕が現れる“” この現象につき、よく知られた事実である事は皆さんがお認めに成りましょうね。   ※ 〔NHK朝ドラ・萬平の天井逆転夢〕もその一例です。 愚生に関して言うなら、それ等は明らかに我が頭脳の出来具合、精度レ…

⦅“本物語が誕生した理由”の再確認・その2⦆

⦅“本物語が誕生した理由”の再確認・その2⦆ 昨日の答えは“”〔死後〕にも更なる展開の可能性がなければ生じえない“”でした。 はい、上記通りである事には絶対に相違ありませんでしょう。 さて、もちろん前回に提示した事柄は、何も著名人だけに適用される訳では決してありませんのです。 そのような飽くなき意欲は、極々普通の能力しかない吾々のような一般人でも間違いなく備わっているのですからね。 となれば何ゆえ…

⦅“本物語が誕生した理由”の再確認・その1⦆

⦅“本物語が誕生した理由”の再確認・その1⦆ 昨日の答えは“”人間の頭脳は〔老衰〕する“”でした。 さて、皆さん。 〖宇宙幽玄(❝あの世❞の真相)物語〗を語り始めて、早くも四ヶ月目を邁進しております。 ついては、文章に中だるみな感じが生じていること、否めませんね。 ですので、この物語が誕生した経緯を翻ってみるなら引締めになろうかと思いますゆえ、暫しのお付き合いを願います。 先ずは、執筆を思い立った…

⦅〔認知症〕も、入るのです!⦆

⦅〔認知症〕も、入るのです!⦆ 一つ、忘れていました。 〔認知症患者〕も、正しく地獄の中で生きている事に相違ないのではありませんか。 “混濁の日々”が延々と続いているのですからね、それこそ辛くない訳がないでしょう。 一見、呆け切っているように見えましょうが、それは余りの心理的苦痛を回避するため自らマヒ状態になっているのだろうと想えてなりません。 吾が頭脳の混乱に恐れおののく患者の初期を見知っている…

アーカイブ