円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

2020年 12月

〖魂を磨く人格向上学60〗 {“魂の意図”について}

〖魂を磨く人格向上学60〗 {“魂の意図”について} さて、〔神仏〕の使いである〔魂〕たちが最も強く意図していること、それはですね。 人間たちの“心の発達を促すこと”なのでありましょう、そこに注力しているのは間違いありませんよ、それゆえの叱咤と激励なのですからね。 チョッと考えて頂きましょう、明日にも空飛ぶ自家用車ができそうな時代にイジメや自死の絶えない人間界を憂えてならないはずなのですよ。 こん…

〖今日のユーモア〗 ♪ あれ、マツムシが泣いている ♪

〖今日のユーモア〗 ♪ あれ、マツムシが泣いている~ ♪♪ 沈没ちんぼつ早よ死ねと~ ♪待ちぼうけ人生終了の挽歌なのだね~ by 幸せを待ち続けた虫の息老人 ♪ もういくつ寝ると和尚がツー ♪♪ 和尚がツーには布施上げてー ♪♪ 線香たーいて眠りましょー ♪♪ もういくつ寝ると和尚がツー ♪自分の葬式の歌だったのだね~by 坊主二人じゃ金かかると心配な老人   ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆…

〖原口式人生訓15〗 {“心の薫風”は乙なモノ}

〖原口式人生訓15〗 {“心の薫風”は乙なモノ} もちろん“”心の温風“”は良いものですが、それにチョッとしたシャレを加えてみるのも乙なものですよ あるいは気の利いたトンチなども添えてごらんなさいな、するとトタンに“”心の薫風“”と言った感じで心地よいモノに変容してまいりませでしょうゆえ 例えば、もし女性がミスして叱らなければならない際には「コレで貴女も真のミセスになったね」なんぞと言ってご覧なさ…

〖原口式人生哲学95〗 {“魂の喜び”とは!}

〖原口式人生哲学95〗 {“魂の喜び”とは!} 前回に話題とした自分の〔魂〕が喜ぶこととはですね、それは心神を広く深く高くすることにありましょう、つまりは常なる向上心ですよ 日々に継ぎ続けて優しく、しなやかに、爽やかに、丁寧に、ひた向きに、誰に対しても敬意を持ち、何事に接しても注意を注ぎ、等などを心がけていれば少しずつではあっても確かな成長が約束されておりましょうからね はい、それ等こそが〔魂〕の…

〖魂を磨く人格向上学59〗 {常に“魂と魄”が言い合いをする}

〖魂を磨く人格向上学59〗 {常に“魂と魄”が言い合いをする} はい、そうなのですよ“”魂と魄“”なのでした。 この両者が言い合いし、駆け引きのし合いっこをしているのではないかと捉えてみれば納得です、見事に理解できてまいりましょう。 つまりですね、上位の〔魂〕が低級な〔魄〕を指導しているという訳でした、これなら大いに得心できるのではありませんか。 要するに二重人格のようなものと捉えてみれば正しくピ…

〖原口式処世訓14〗 {“心の富める者が吹きだせる温風”との考え方があってイイ}

〖原口式処世訓14〗 {“心の富める者が吹きだせる温風”との考え方があってイイ} 他人に優しくない人は自分自身も優しさに飢えているのでしょうね、シバシバ発する刺々しい言葉は心の中の寒風が強すぎて洩れだしたに相違ありませんよ さて、富める者がその有する財を貧しき人々にお裾分けする話はよくありましょう 同じように“”心の富める仁者“”が吹きだせる温風・薫風で心の貧しき人々を包みこんで上げるというような…

〖原口式人生哲学94〗 {“魂を喜ばせる”日々を送ろう}

〖原口式人生哲学94〗 {“魂を喜ばせる”日々を送ろう} 日々に後悔しない生き方、それは自分の“〔魂〕が喜びそうな行い”をする事にありましょう 生身のための損得勘定ではなく、自分の〔魂〕が望む生き方を旨としていれば心身の奥底から楽しめる生活が得られることは間違いありませんからね その究極的な例としてハワイ人の習慣である“”ホ・オポノポノ“”をゼヒ挙げて置きます、やはり本質的なモノは極めてシンプルな…

〖魂を磨く人格向上学58〗 {“相反する意見”が常にあるのはナゼ?}

〖魂を磨く人格向上学58〗 {“相反する意見”が常にあるのはナゼ?} 話を戻しましょう。 さて、皆さん。 {あ、そうだ、良い考えが浮かんだ、やってみよう}と思ったトタンにですよ、{でも、こんな自分に出来るだろうか、そうだよ、できる訳がない}とも反問しだすのはナゼなのでしょうか。 このように肯定と否定が交々(こもごも)するのは、前を向いたり後ろを向いたりするような事なのですからね、想いついてみれば可…

〖今日のユーモア〗 あしからず てはしおからず かおあまい  五茶

〖今日のユーモア〗 あしからず てはしおからず かおあまい  五茶オラの身体の事だけど、分かるかなぁ、分かって欲しいなぁ ビアダルに サッカーボールを 載せたらば キミの妻だと 人の悪口  十休悔しいから「聞いたその日からビールは止めた」と日記には書いておいたよ  ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇暗記力向上研究会http://worldrecord314.com/住所:千葉県茂原市東部台…

〖原口式処世訓13〗 {憤怒よりも悲哀を!}

〖原口式処世訓13〗 {憤怒よりも悲哀を!} 人間関係で立腹する時もありましょう、ですが怒るよりも悲しいと捉えた方が良い場合も多いものですよ つまり、「貴方に何々された」⇒「腹立った」OR「悲しかった」なのですが、「悲しい」との態度で接すれば事がスムーズに進みやすいのではないでしょうか 相手の反省を促すという意味では憤怒よりも悲哀の方が遥かに強力であること、間違いありませんからですね   ◇◆◇◆…

アーカイブ