円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

〖魂に添って生きる8〗 {“第6センス”は魂マター!}

〖魂に添って生きる8〗 {“第6センス”は魂マター!} さて、ここで一くくりして置きましょう。 霊感は、いわゆる第6センスですね、 一方、視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚の五感は頭脳内の構造から作りだす機能によることは勿論、明白でありましょう。 ですが、第六感となると科学は説明しませんね、それを担っている機能が脳内に見当たらないから解釈できないのでした。 それならば、“気づき・閃き・想いつき”も第六感…

〖孫へのアドバイス17〗 {“言葉はみんな親戚”なのです②}

〖孫へのアドバイス17〗 {“言葉はみんな親戚”なのです②} 例として英単語を一つ挙げてみましょう。 たまたま【transportation】という有りふれた語が頭に浮かびました。 コレにつき次のような風に捉えたなら、との試みですよ。 {きっと、漢字と同じに色んな意味合いのものが合わさって出来上がっているのではないだろうか、現に名詞形を意味する“tion”が付いている} そうと気づいてみれば【tr…

〖老人の体力・脳力アップ塾111〗 {“縄文杉の長寿”も同じ}

〖老人の体力・脳力アップ塾111〗 {“縄文杉の長寿”も同じ} 余談を一つ。 自然界にも同じような傾向がみられましょう。 例えば、屋久島の縄文杉は成長が極めてユックリゆえの長命なのだとよく知られた事実なのでありませんか。 むしろ悪環境の方がスパンの長い成長力を養うことの確かな例と言えましょう、貧乏や逆境が人を育てる場合も多いのと似ているという訳ですよ。 植物に最も大切な日光量が極めて少ないという悪…

〖魂に添って生きる7〗 {“ビギナーズラック”も同じ!}

〖魂に添って生きる7〗 {“ビギナーズラック”も同じ!} さて、もちろん類似の現象は極々一般人にも起こりうるのではないかと僕は推察しておりますよ。 例えば僕自身にも細(ささ)やかなモノながら有ったのでした。 若い頃マージャンをやっていて対面(といめん)の自摸牌(つもはい)が頭にヒラメイタのです。(*) 当時は直感とばかりにしか思わなかったのですが、今は“閃きは頭脳の外から入る”と承知しておりますか…

〖“原口式ユーモア”の最近作を一挙公開〗

〖“原口式ユーモア”の最近作を一挙公開〗 神社で酒呑むのは禁止だがジンジャエールを混ぜれば神主が応援アリガトウと許すらしい皆さん、やってごらんなさいな~ お寺で呑んだくれていても般若の湯だと言えば坊主が笑って許すらしいんなら教会でお神酒(みき)だと言って飲んだら牧師も神父も許すかも皆さん、やってごらんなさいな~ 暑熱の下、コワ~い話で涼風をお届けしましょう・その1北海道に常紋トンネルという、その筋…

〖孫へのアドバイス16〗 {“言葉はみんな親戚”なのです①}

〖孫へのアドバイス16〗 {“言葉はみんな親戚”なのです①} ここでチョッと余談を一つ。 “漢字というものは全て親戚なのだ”と捉えてみれば【あいうえお】で構成される漢字以外の日本語も親戚なのだとなってまいりましょう、すべての仮名は漢字の派生語なのですからね、当然に。 更に言うなら外国語だとしても意味が同じなら親戚なので、ひいてはつまり全世界の言語が縁戚関係だと認識できてくるのではありませんか。 は…

〖老人の体力・脳力アップ塾110〗 {“生活習慣病”とはダセイの結果!}

〖老人の体力・脳力アップ塾110〗 {“生活習慣病”とはダセイの結果!} はい、そうなのでした、生活習慣病の類というものはですね。 長い間も愚鈍(アホでノロマ)な動作を繰り返してきたものだから老齢期になって禍根が現れたもの、と見なしてみれば理解しやすくなるはずだということですよ。(*) 例えば認知症がそうですね、積極的な新知識の吸収なんぞは全く考えない“アホでノロマな心神”が原因の一つに成りうるこ…

〖魂に添って生きる6〗 {“達人の境地”にこそ霊感が!}

〖魂に添って生きる6〗 {“達人の境地”にこそ霊感が!} おー、そうでした、こんな例も挙げておきましょう。 かの有名な柔道家・三船十段に、彼の能力を調べた実験でのフシギな様子が残っておりますよ。 つい立の向こうで背負い投げや足払いなど様々な技を仕掛けている相手に、その姿が見えないにもかかわらず十段は何ということなく対応術を繰りだしたそうなのですね。 はい、何ら戸惑うことなく全ての技を躱(かわ)し完…

〖孫へのアドバイス15〗 {【斤】の縁戚たち}

〖孫へのアドバイス15〗 {【斤】の縁戚たち} 単純な話が、ですよ。 小・中学生の頃に【斤】と【丘、斥、芹、岳、訴、質、漸、暫、加えて后、さらには氏、など】とが学校で教わるのとは別な意味での仲間だと知っていたなら漢字の覚え方が格段に違っていた筈なのではありませんか。(*) そうして僕は次のように想ったのでした。 {どれだけ“僕たち皆が愚かだった”のだろうか}と呆れ悔しく忸怩(じきじ)たる想いがして…

〖老人の体力・脳力アップ塾109〗 {“惰性的な生活”には大きな問題が!}

〖老人の体力・脳力アップ塾109〗 {“惰性的な生活”には大きな問題が!} 太極拳とヨガの場合は体の隅々まで意識が込められておりまからね、それ故の効能なのですよ。 それに対して、老人のそれは何らの意図もない単純に遅く緩慢な動きに終始しましょうゆえ、そこに健康へと導く要素は全く入っておりませんのです。 ゴカイを恐れずに極端な言い方をするなら“雑でノロい行為”との表現がピッタリかもしれないですね。 つ…

アーカイブ