円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

〖老人の体力・脳力アップ塾29〗 {吾が心情}

〖老人の体力・脳力アップ塾29〗 {吾が心情} さて、前回の吐露にて僕が陳述する事柄への怪しげな如何わしさは払拭されたものと捉えさせて頂きますね。 何しろ世の一般的な考え方・認識のされ方からは大きく逸れる話ばかりする事につき皆さんがどのように解釈なさっておられるのか常時一抹の懸念が残り去らないのした。 はい、それでツイツイ書き綴った事柄ではあったと理解くださるよう願っておきましょう。 結構、気が弱…

〖夢見の奥深い謎27〗 {〔夢見〕は示唆を!}

〖夢見の奥深い謎27〗 {〔夢見〕は示唆を!} つまりは、“”悪意が添う〔夢見〕など微塵も存在しえない“”のですね。 いいえ、実はその真逆なのですよ、〔夢見〕の機能を以てして人生航路の指針を示しているのでした。 更に言うなら“夢見装置”こそが、より良き人生への導きであることは間違いありませんね。 もしも、それが本人にとってイヤなおぞましい内容の夢だったとしても、その場合は何らかの注意を喚起するため…

〖“原口式ユーモア”の最近作を一挙公開〗

〖“原口式ユーモア”の最近作を一挙公開〗 国会に 欲しいものだね この二人 明智光秀 石田光成  全休分かるかな、分かんねぇだろうな~ 見せてくれ 本能寺の変 関ケ原 風雲告げよ 永田界隈  全休分かるかな、分かんねぇだろうな~ “オラの素朴な疑問①”{見逃し三振}って言うけどさ、実際は{見逃しと一振or二振}じゃないかね~! “オラの素朴な疑問②”{ピンチヒッター}って言うけどさ、実際はチャンス…

〖老人の体力・脳力アップ塾28〗 {吾がライフワーク}

〖老人の体力・脳力アップ塾28〗 {吾がライフワーク} さて、そんな消えてしまった先祖の知恵とは一体どのようなモノだったのだろうかとの疑問が僕の人生構築の発端となっております。 つまり、今ではこの世から消失してしまった先人の知見・知能につき吾が身に現出させることをライフワークにしているという事ですよ なお、結果的に言える事ではありますが、円周率暗記能力などはその一つに過ぎませんね。 で、その持ちえ…

〖夢見の奥深い謎26〗 {“☆意の〔夢見〕はない}

〖夢見の奥深い謎26〗 {“☆意の〔夢見〕はない} ご両親が注いでくれる保護力を遥かに凌ぐほどのモノであることは間違いありませんよ。 何しろ、人類が延々と気づいてきた叡智をソックリ引き継いだパワーで庇護し育成してくれているのですからね。 はい、そんな〔魂〕が直接に関与する〔夢見〕なのだとなればですよ。 当然に、それが自分に災いや不都合をもたらす元凶になるはずはないのです、そんな事は有りえません。 …

〖老人の体力・脳力アップ塾27〗 {明治政府の悪政策}

〖老人の体力・脳力アップ塾27〗 {明治政府の悪政策} 話を新たな方面に展開させましょう。 さて、江戸時代までは修行場だった寺院に集う僧たちは日々の研鑽を怠りません。 熊本県で僕の先祖が営んでいた寺では九州や四国・中国地方から常に100人前後が学びに来ていたそうです。 先祖は僧たちを指導する傍ら、近隣の住人には医療を提供していたと伝えられております。 つまり、漢方とも違った僧院式の医術があったので…

〖夢見の奥深い謎25〗 {“赤ちゃんの夜泣き”が証拠}

〖夢見の奥深い謎25〗 {“赤ちゃんの夜泣き”が証拠} それは“幼児の夜泣き”ですよ。 いたいけない幼児でさえ、吾が身に保安力・防衛心を養い育くむために〔夢見〕を以って教えているのは〔神仏〕の一端を担っている〔魂〕であること疑いありませんでしょう。 さー、それならばですが、宜しいですか。 以下の事につき気を引き締め、心を込めてお読み願いましょう。 私たち一人ひとりが持つ〔魂〕の存在と、その確かさ有…

〖老人の体力・脳力アップ塾26〗 {“共有する場”には霊的な気が!}

〖老人の体力・脳力アップ塾26〗 {“共有する場”には霊的な気が!} 前回の“”思考の響きが伝播する“”の件につき、分かり難いかも知れませんから次のように言い添えてみます。 もしも、暗い洞窟に入って一定時間を過ごす大勢の人々が居たと設定してみましょう。 すると、洞窟からでた後に一つの精神的な共通項が生まれて来るのではありませんか。 同じ空間・同じ時間内で思考・情感を繰り返し続けた者通しには、たとえ…

〖夢見の奥深い謎24〗 {“〔魂〕は第一等の味方”です}

〖夢見の奥深い謎24〗 {“〔魂〕は第一等の味方”です} さて、この際に極めて大切な事をお聞きしておきましょう。 世の中で皆さんの確かな味方になるのは一体、何だと思って居られますか。 それはですね、何よりも先ずは自分の〔魂〕なのですよ、〔神仏〕の一端を担っている〔魂〕なのである事は間違いありませんね。 はい、先ず以って自分の〔魂〕こそが第一等の味方であり支援者でもあり保護者、守り神なのである筈なの…

〖老人の体力・脳力アップ塾25〗 {“響きの伝播”という捉え方}

〖老人の体力・脳力アップ塾25〗 {“響きの伝播”という捉え方} つまり、“”父親が為した思考の二番煎じ“”だったという設定ができるのではありませんか。 そんな表現では今一つシックリ行かないならば“”響きの伝播””だったと例えるのは如何でしょうか、人間の思想・思考はその深さに応じた響きを持っておりましょうゆえ。 要するに、父親から直接、具体的に手ほどきを受けたものではなくても、その求める光と道筋は…

アーカイブ