円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

⦅“思考と情感”の違い ⦆

⦅“思考と情感”の違い ⦆ ところで、既述しましたが人体は動くことが前提です。 じっと動かずに立っていると程もなくして腰が痛くなりますね。 一方、その時間の何倍も歩いたとてナカナカ疲労はしないものです。 この事は、つまり動き回った方が健康維持にとっては理に適った状態だという、良い証拠になりましょう。(*) さて、一般的に言われている“頭脳の老化”というものは、正しく上記に似た現象と見做し得るのでは…

⦅ 人は ”~だから“ 生きている・その2⦆

⦅ 人は ”~だから“ 生きている・その2⦆ “”思考する為に生命がある“”とした昨日の続きですよ。 この事につき、私たちは見聞きして仕込んだ知識、経験、映像、思考の経過、そんな様なモノが収納されている〖幽膜〗の存在に気づき、しかも生身よりも、そちらの方が上位にあると知ってみれば、合点がいくのではないでしょうか。 つまりは、彼の〔デカルト〕の【我思う、故に我あり】から発し、〔パスカル〕の【人間は考…

⦅ 人は ”~だから“ 生きている・その1⦆

⦅ 人は ”~だから“ 生きている・その1⦆ 再確認して置きましょう。 今や私たちは〔魂〕や〔霊〕といったモノを随分と身近に捉えられるようになりましたね。 決して、“日常生活とは大きく掛け離れた縁遠い存在”ではない事を感得なされて居られるのではないでしょうか。 ついては、そんな観点を今後の生活にも取り入れたいものですね。 〖幽膜〗の方が生身の存在よりも上位にある事が分かってみれば今後の生き方も変わ…

⦅“幽魂”は身近なモノ!⦆

⦅“幽魂”は身近なモノ!⦆ さー、いよいよ愚生の話が佳境へと入ってまいりますよ。 さて、私たちは〔たましい〕が坐する〖幽膜〗の存在を確信しております。 その上でまた、〔幻聴、幻視〕といった〔幻覚〕なども本質は〖幽覚〗(愚生の造語)であって〔夢見〕の類なのだとも知りました。 それは“絶対に幻ではなく、確かな像として目にし、見ているのである”という訳ですね。 加えて、〔幽霊現象〕さえも〖幽膜〗に由来す…

⦅〖幽膜〗の集団的組織・その2⦆

⦅〖幽膜〗の集団的組織・その2⦆ 昨日に続けます。 何故ならですね。 〔キリスト〕や〔豊臣秀吉〕、〔杉原千畝〕等の事跡やその後の歴史には、彼ら個々人の能力を超えた力が働いているように想えて仕方ないのでした。 彼等の行動には緻密な計算や深い考察の結果というよりも、何かに導かれ突き動かされるような〔衝動〕に由来するものなのではないか、との推察ができるという事ですね。 いいえ勿論、歴史上の著名人を挙げな…

⦅〖幽膜〗の集団的組織・その1⦆

⦅〖幽膜〗の集団的組織・その1⦆ 昨日に続けます。 〖幽膜〗にも階層的組織があるらしいのですよ。 各々の〖幽膜〗は個々人を受け持ちながらも人間界全般への配慮、目配りをも考慮するような仕組みに成っているのではないかと推察できるのでした。 譬えて言うなら、個々の身体機能は地域行政のようなものであり、その上部組織として国家の役目に相当するのも存在するのではないないだろうか、と想えるのですよ。 私たちの運…

⦅〔チャクラ〕との絡み!⦆

⦅〔チャクラ〕との絡み!⦆ さー、人体ロマンは更に奇天烈な展開をしてまいりますよ。 さて、つかぬ事をお聞きしますが、皆さんは〔チャクラ〕というものをご存知でしょうか。 インドのヨガに関わる思想で、“人体には七か所の大事なポイントがある”とするものですね。 〖幽膜〗が〔脳天〕や〔額〕と連絡を取り合っている事に気づいていた愚生が、これを知った時に“我が意を得た”とばかりに合点できた思いをお察し願います…

⦅〖幽膜〗が有する意味!⦆

⦅〖幽膜〗が有する意味!⦆ 以前に、〔玉響(たまゆら)現象〕につき取り上げ、“”〖幽膜〗の一枚だろう“”と示唆して置きましたね。 さて、この〔玉響〕ですが、目眩(めまい)や頭をぶつけた際に数多く現出する事から、“体調に関係している筈だ”と推察できましょう。 という事は、その逆も有りうる訳ですね〖幽膜〗に働きかければ病気の治癒に効く筈です。 で、〔カイロプラクティック療法〕の施術者が、掌をヒラヒラ動…

⦅〔幽霊〕とは!⦆

⦅〔幽霊〕とは!⦆ さて、〔残念〕の話に戻ります。 つまり、“深い思いが残るゆえの現象が〔幽霊〕だ”という訳ですので、それが在って然りの事柄だという話でした。(*) つまり、“在って当然”と捉えてみれば心霊写真なども全く以って不思議な事ではなくなりましょう。 ただ単に、それを実眼で見える人々が随分と少なくなっている現代ゆえに“オドロオドロシイ事柄”にされているのだろう、と愚生は推定しております。 …

⦅〔古人〕の能力は!⦆

⦅〔古人〕の能力は!⦆ 文明化による能力の劣化についてでしたね。 それにつき、下記の例を挙げて置きましょう。 アフリカのサバンナで暮らすケニア人たちは4,5km離れた所にいる人が見えるそうです(日本人では有り得ません)が、そんな能力を持った人々もドンドンと減っているそうですよ、文明化・近代化が急速に進んでいる故の事であるのは間違いありませんでしょう。 更に分かり易い話として次の例なら如何でしょうか…