円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

⦅“腰の大切さ”を示す言葉!⦆

⦅“腰の大切さ”を示す言葉!⦆ 〔腰〕に関する考察を進めますよ。 さて、皆さん。 餅や粉の弾力性につき、“腰がある”との表現を使いましょう。 また、なかなか諦めない人を指して“粘り腰がある”とも言いますね。 更には、【腰が弱い】、【本腰を入れる】、【及び腰になる】、【腰を折る】、【腰が引ける】などと【腰】を用いた語彙・語句は随分と多いものです。 そうして、それ等の殆どは物事の進行や推進への対処を意…

⦅ 腰痛の因は“寝姿にも”⦆

⦅ 腰痛の因は“寝姿にも”⦆ 一般的には気づいておられないようですが、仰臥も腰痛の元凶になるのですよ。 ですから、朝の起床時に激しい腰痛を覚える人も多いものですね。 ちなみに動物たちは仰臥の姿勢に殆どなりません、仰向けで休むことなど決してない筈なのでした。 もちろん防御の意味もありましょうが、その心配のないライオンだからとて、お腹を宙に向けて寝ることなんぞは天地が裂けてもあり得ませんね。 つまり、…

⦅ 腰痛は“人類病”!⦆

⦅ 腰痛は“人類病”!⦆ さて、“成人が腰痛になる理由”が分りましたでしょうか。 成長期を過ぎれば、上体の重みが腰にのしかかってくる訳なのでした。 元来、四足歩行用に出来ている人体の構造なのですからね、直立生活に成ってしまった現代人の中高年者が“”腰痛持ち“”に成るのは必然の事なのですよ。  ※ 症状が重い場合に“膝立ち歩行”をすれば楽になる理由が、これで分かるのではありませんか。つまり、四つ足動…

⦅“動物の動き”は後脚駆動!⦆

⦅“動物の動き”は後脚駆動!⦆ ちなみに四つ足動物を観察してみて下さいな。 生まれて直ぐに立ち上がらなければならない姿を見れば分かります。 生命保持の第一課題、それは身の安全確保でしょうし、それが成り立つには素早く逃避する為の瞬発力が前提になりますね。 従って、彼らは前後の脚の付け根から先ず以ってシッカリして来ましょう。 しかも、その動きは明らかに“後脚駆動的”ですね、軸は前でなく後ろの脚に成って…

⦅ 人体の成長は“腰が芯”⦆

⦅ 人体の成長は“腰が芯”⦆ 子供の根本、それは成長ですね。 で、それは〔丹田〕が中心になります。 腰の部分を起点にして上下に伸びるらしいのでした。 ですから、常に上方へ引っ張る力が働いているので、腰痛は起きにくいという訳なのですね。 つまり、重い物を担いでも上方への〔成長力〕が加担してくれる事になりましょう。 そしてまた、脚にも上体を押し上げようとする力が働いているから身も軽くなるのですよ。 早…

⦅ 人生上の体力的な節目は“腰痛”⦆

⦅ 人生上の体力的な節目は“腰痛”⦆ 前々回の答えは、腰の所にある〔丹田〕でした。 また、前回の答えには、“”腰痛持ちに成りだした頃“”との語句を当てましょう。  「若者の時期”を過ぎると先ず生じる身体の変調は?」と尋ねられたなら、愚生は“〔腰痛〕だ”と即答しておりますよ、しかも断定しながら。 たとえ、日常的な腰痛ではなくとも少々重いものを持った後は暫く苦痛が続くものですね。 では、何故にそうなる…

⦅“元気”がなくなる理由は?⦆

⦅“元気”がなくなる理由は?⦆ 質問を追加します。 青少年は元気で気力も旺盛ですね。 ですが、ある時期を境に活発さを失ってまいりましょう。 中年以降は“……のために”と自らを鼓舞し奮起させなければ前進しなくなるのでした。 さて、“その時期とはコレコレだ”と明確に答えられる人など居られませんね。 ですが、それが意外と分かるように成っているものなのですよ。 さー、その時期とは一体どんな状況なのでしょう…

⦅“気力”の宿る場所は?⦆

⦅“気力”の宿る場所は?⦆ ただ今、〔たましい〕や〔霊〕について云々しております。 その流れを受けて、この際に有用性の高い知恵を提供して置きましょう。  愚生がfbやブログで伝えたい事柄は随分あります。ですので「アレも述べたい、これも伝えたい」とて、ついついテーマが頻繁に変わってしまいます事、お許し願います。 さて、〔霊魂〕が宿る所につき皆さんは頭脳・心と思っておられましょうね。 ですが日常生活に…

⦅“幽体”は変態!⦆

⦅“幽体”は変態!⦆ 愚生の自問自答は続きます。  ⑪ 死後が変態なら昆虫は二度も変態する事になろう。  ⑫ いーや、いや、いや、それも違うな。霊長類の〔霊体〕と同一にはできまい。  ⑬ 頭脳に仕込まれたプログラムに沿って行動する昆虫らに霊魂の意味はあるまいよ。  ⑭ 〔霊体〕の在り様は、生前に積んだ正邪の多寡と割合で決まるからだね。  ⑮ ならば、“”〔幽霊〕とは人間の変態現象なのだ“”と仮定し…

⦅ 人間の死は“昆虫の変態”と同じ?⦆

⦅ 人間の死は“昆虫の変態”と同じ?⦆ 〔セミ〕の考察を続けます。 ここからは、知性の尾を引きながらも少しずつ“”非世俗的な感性の世界へ“”と進んでまいりますよ。 さて、セミは変態しますね。 以下は、それに関する愚生の疑問です。 1、真っ暗な穴の中での一匹が何を食べ、何を思い、何を望む? 2、穴を開ける際の開眼の仕組みは? 3、外に出た初めには何を思う? 4、羽化前後の精神構造の変わり方は? 5、…