円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

⦅やはり“記憶は永遠”です!⦆

⦅やはり“記憶は永遠”です!⦆ 一つのたとえ話をしましょう。 ここに“一枚の絵”があり、共に百歳になる〈A,B〉二人の老人が鑑賞していると設定します。 〈Aさん〉は若い頃に画家を志したことのある御仁ですが、〈Bさん〉は美術には丸切り無関心の人物です。 もしも、このお二人に絵の感想文を書かせたなら、どれ程の違いがあるかは明確に察知できましょう。 また、ある時、二人で視ていたテレビが嘗て活躍した往年の…

⦅“頭脳は老衰しない”のです!⦆

⦅“頭脳は老衰しない”のです!⦆ 前回、縷述を控える旨につきお伝えしましたが、矢張り開陳して置きましょう。この時点で確かな認識の共有をしておくべき事柄と捉えますゆえにです。 はい、要するに、“三つ子の魂”が昨日の行為や今日の行動でも活かされ運用されているという訳ですよ、象徴的に言うならですね。 日常の行為・行動に個々人それぞれが〔性格・性情〕を加えて生活しているとなれば、“三つ子の魂”以降、それ等…

⦅〔人格・性情〕が変わらない理由!⦆

⦅〔人格・性情〕が変わらない理由!⦆ 話を〖脳内アルバム〗の流れに戻しますね。 さて、今度は“記憶が何故に残るのか”との根源的な課題につきチョッと表層的にだけでも吟味しておきましょう。 先ず以って、私たちの〔顔貌〕というものは変動しないように出来ておりますね。 それにより何億人も居る社会の中に在っても〔個々人〕としての区分けが成り、互いの集団生活がスムーズに行えるよう設定されているという訳です。 …

⦅“測った体重値”なら全く忘れない!⦆

⦅“測った体重値”なら全く忘れない!⦆ 蛇足をもう一つ。 中高年者が発する“常套的な愚痴”の例を挙げるなら、「昨日のことを覚えていない」でしょうね。 昨夜に何を食したかさえも想い出せない、と自嘲するのではありませんか。 でもですね、理由は極めて単純で、惰性的に日々を過ごしている故の事とほぼ断定できますよ。 えー、ハイ、無条件で記憶できた“若年性の感受力”はとっくに無くなっているのですからね、その代…

⦅“度忘れ”や“想い出せない”は、加齢の所為ではない!⦆

⦅“度忘れ”や“想い出せない”は、加齢の所為ではない!⦆ さて、ここでチョッと本題を離れます。 それで、気づくのが“度忘れ”や“ウーン、あれは何だった?”等の想い出せない現象です。 これ等につき、皆さんが「頭脳が衰えた」として嘆きましょうし、先々を懸念して妙に不安がるのではないでしょうか。 ですが、記憶に留まっている知識の量を認識してみれば、そんなものは極めて微々たるものだろうこと、察しも付こうと…

⦅〖脳内アルバム〗を開けてみよう!⦆

⦅〖脳内アルバム〗を開けてみよう!⦆ 昨日の続きです。 さー、〖脳内アルバム〗の堅持力を確認して置きましょう。 さすれば、逆に完全に忘れ切っている事柄など、殆どないのではないかと推定できるようにもなるというものです。 一つの物ごと一つの事象ごとに想いを凝らしていると、各々を象徴し或いは代表する映像が、眼前に次々と浮かんでまいりますよ。 例えば、一年生時に用いた〔筆箱〕を念頭にしたところ、青黒い色で…

⦅〖脳内アルバム〗という考え方!⦆

⦅〖脳内アルバム〗という考え方!⦆ さて、高齢の方でも「昔の事は、よく覚えている」とて、過去の記憶を断片的になら語れるものですね。 それならば、ですよ。 その断片につき心を静めてジッと想いを凝らしてみた場合、それに関連する物々事々等が次々に想いだされて来るものと推定できましょう。 良い例が、〔アルバム〕内の写真です。 どんなに古い写真でも「あー、これは何々だ」と言えましょうし、その最初の「何々」な…

⦅“記憶の蘇り”は延々と続くもの!⦆

⦅“記憶の蘇り”は延々と続くもの!⦆ 話を、昨日に続けますね。 さー、それでですよ。 同郷人との会話の後には愚生の頭脳が次なる思考で目まぐるしく稼働し、止みがたいのでした。 {多分だが、あの頃の方言の全部が羅列され一覧表として眼前に提示されたとしても、それら丸ごとに何らも違和なく確かな既知感を認識できるだろう} {もしも、当時に使用したランドセルや教科書、履いた靴、級友らとの集合写真、等々が目の前…

⦅ “忘れた記憶”も、実はシッカリ残っている!⦆

⦅ “忘れた記憶”も、実はシッカリ残っている!⦆ 愚生は、東北地方の田舎育ちです。 これにつき、ある時こんな事が有りました。 「つい最近、千葉県に移住してきたばっかりだ」という同郷人と話す機会があったのですよ。 で、その際に、能弁な彼につられて出てくる我がズーズー弁の数々に驚いたものでした。 明らかに、50年以上も使っていない方言ではあり訛りでもあったのですよ、それ等はですね。 それなのに、殆ど言…

⦅ “根底的な記憶”は〔オーラ〕も絡む!⦆

⦅ “根底的な記憶”は〔オーラ〕も絡む!⦆ 話は、前回に続きます。 つまり、“普段は全く想い出せない事柄”であっても、実のところは確りと我が身中(*)に留まっているものなのだ、との確信を得ているということです。  “〔走馬灯〕状の映像”には、〔オーラ〕も絡んでいるので〔頭脳内〕とは出来ない故、こんな表現に成りました。ですが、これ以上の言及は避けておきましょう。  そのような事柄につき、皆さんが“全…