円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

☆ 御隠居*@横町さんへ!・2

☆ 御隠居*@横町さんへ!・2  いいえ、私が提示しようとした「軟酥の法」の手順には何ら難しい事柄は存在しな いのです。ただ単に、その方法を一般の人々が心の芯から信じきれるかどうかの問題 だけなのです。ですから、もし私があのまま手順を書き綴ったならば、きっと読者の 皆さんは、「なんだ、こんな程度のことなのか。簡単だ、容易に出来る」と思ってし まうでしょう。  でも、そんなに単純なだけに、かえって難…

☆ 近況報告を二件!

近況報告を二件! 1、近々、私のことがテレビ番組で取り上げることになりましたので、恥ずかしいな がらもお知らせいたします。   日:6月1日(月)  時:午後9時よりのもの  テレビ局:日本テレビ網(株)  番組名:「深イイ話」  以上です。チョイの間の扱いですし、どのような内容になっているか詳しくは知り ませんのです。視てしまってがっかりするかもしれませんので、あらかじめご了承を 願っておきまし…

☆ 御隠居*@横町さんへ!・1

☆ 御隠居*@横町さんへ!・1  「軟礎の法」についての進行をご希望いただいてから暫くになります。ですが、申 し訳ございません、書きあぐねているのです。 お待たせしていることが、ずい分と 気に掛かってはいるのです。でも、ご存知のところまで述べた段階で大きな躊躇の思 いが生じ始めたのでした。  主役の白隠禅師は大変に修行の進んだ仏僧です。死に場所を求めて山野に分け入っ たときは28歳だったそうですが…

☆ 「性格が軽すぎる、人格に重みがない」、などと他人に言われて悩んでいる方へ!

☆ 「性格が軽すぎる、人格に重みがない」、などと他人に言われて悩んでいる方へ!  人間の性格への評価と言うものは表裏一体なものです。軽くっても軽妙な雰囲気は 喜ばれますし、重いのならとっつき難さが付きまとって親しまれません。同じことを 良く解釈されるか悪く取られるかは、その人の相手への思いで決まるものなのです。  つまり、「性格が軽い」人であっても、相手に対して敬愛する気持ちを持っていれ ば「気が…

☆ 近況報告・異業種交流会に参加して

☆ 近況報告  昨日の9日(土)は、いわゆる「異業種交流会」というものに出席してきました。 私の友人に宮西ナオ子さんとおっしゃる著名なエッセイストがおられまして、この方の主宰する交流会が東京・杉並区で開かれましたのです。事務方の責任者も気心の知れた長い友人なものですから、二人とも事あるごとに声をかけてくれるのです。 さて、その交流会ですが、なんと楽しいことでしょう、なんと素晴らしいことでしょう。と…

☆ 4、「人生の意味とは」その4。

☆ 4、「人生の意味とは」その4。  前日に人生の結論を述べました。私たちの日常的な営みそのものが人類の成長への 係わり合いになっているのです、とです。私たち皆の日常活動が人間の機能の向上に 直接的に係わっていることになる、とですね。  呻吟(しんぎん)し難儀するスポーツであっても、楽しんでやれる趣味の上でのこ とであっても、貢献度の価値に違いはありません。そのいずれもが持っている能力 の”試し合…

☆ 4、「人生の意味とは」その3。

☆ 4、「人生の意味とは」その3。  つまり、競い合いあるいは楽しみ合った結果が更なる進化を人類歴史にもたらすよ うになっているのですね。完璧なまでの出来具合に更なる機能が追加されるようにな るのです。  私たちの日々の営みはこの一点に集約されるのではないだろうかと私は考えていま す。  スポーツ選手たちが練習を重ねて体力を向上させることそのものがそれをもたらし ます。一人ひとりが達成した一つ一つ…

☆ 新しい職場で”いじめ”を受けている方へお伝えします。 

☆ 新人の職場で”いじめ”を受けている方へお伝えします。  新人を”いじめ”の対称にする人は大概の場合、普段から能率よく仕事をこなすこ とができない人がほとんどでしょう。当然のことですが、”新人さん”の始めの頃は 周囲の期待通りの仕事内容やその量を処理しきれないものですから、”新人いじめ” は、いわゆる”グズな人”と表現される人物が、新人を謗(そし)り、罵(ののし) ることによって自分の優位性を周…

☆ お知らせ ”私のことを掲載した雑誌の紹介” 

☆ お知らせ ”私のことを扱った記事の掲載雑誌の紹介”   中高年向きの雑誌で、(株)わかさ出版発行の雑誌「夢21」というのがありま す。5月の1or2日に7月号が出版されましたが、これに私の記事が掲載されてい ます。老化防止の観点から取り上げられました。興味を持ち、お買い上げいただける と嬉しいです。定価は、520円です。 …

☆ 近況報告 「四国めぐり」「剣山登り」

☆ 近況報告 「四国めぐり」「剣山登り」  4月29日から三泊四日を四国めぐりに当てまして、昨夜遅くに帰宅したところで す。  目的の一つは、徳島県の霊場である”剣山登り”です。  私にはかねてより、日本に数多ある霊場と、その場を修行の地とする修験道との関 連性について解ききれていない課題がありました。私たち日本人の精神構造の成り立 ちに、神道に代表される古来からの霊場、霊山への信仰心というものが…