円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

心の病の原因は身近にある

人生訓 だれそれの奥さんが心に異状を来たして神経科に入院したって人伝に知らせが入った。気の毒です。恐らくは症状は固定化して長引くでしょうし、悪化する可能性も高い。 誰かに心理上、不都合な症状が現れたなら多くの場合は身近な人が因となる。上記の場合は夫の性格が禍しています。夫の言動が凶器となって妻の心を突き刺し続けていたのです。穏やかな方なのですが妙に片意地なところがあって、それが妻の心を苛(さいな)…

いじめられたなら

人生訓 悪口を言われた、罵(ののし)られた、蔑(さげ)まれた、と落ち込む人が世に多い。ですが、これは反対です。もちろん気の毒ですよ、イイエ落ち込む人ではなく悪態をついた人がです。気落ちすべき人が逆なのです。 大体、誰かが他人を口汚く謗(そし)ろうとする時は、言われる側には落ち度がなく理不尽な状況である場合がほとんどです。何故なら、悪口雑言を容易に口にする人は事の顛末(てんまつ)を冷静になって正しく…

妥協をしなさい

人生訓 人生上、闘う心が必要な状況はそうそうないものです。なのに、世の中は「人生は闘いだ、逃げるな、負けるな、死ぬ気でガンバレ、勝つまで闘え、妥協は恥だ」と、叱咤と罵倒(ばとう)の言葉で溢れています。でもこれだと逆に、辛いばかりで益々逃避の思いが募る一方です。 でもですね、こっちが闘おうとするから相手(人間ではない場合でも)も負けてはならじと抵抗するし、壁を厚くもする。苦しい状況が続くのみです。ま…

もっと気軽に生きましょう

人生訓 世の中の大方の人々が意地だ、体面が悪い、貧乏するのが恥ずかしい、いじめるアイツに負けてなるものか、などと言っては気を張って折角の伸びやかなる日々を窮屈にしています。モッタイナイですよ。そんな思いを2割ほどでも省いてみれば、きっと人生が大きく変わってくるのですがね。何ともモッタイナイです。 社会観察 日本に住んでいて背負う悩みや気苦労なんて、アフリカに住む人々には”贅沢”としか思えぬことでし…

人間関係をスムーズにするには

人生訓 皆さん、話し下手で周囲との軋轢を生じやすいようだ。そうはならぬように、ここで原口式のコツを披露しよう。大事なのは”話の術”などでは決してなく、ちょっとした”心構え”だけである。 帰宅が遅くなりがちな若い娘の身を案ずる父親に例を採る。 一般には怒りが先立って「いま何時だと思ってるんだ、この馬鹿娘」と、怒ってつい怒鳴ってしまうようだ。当然のこと、結果はこじれることになる。こんな時には「ヤー無事…

人の命は「無価宝珠」である

人生訓 私は今ここに在り、生きて呼吸をしている。静かだがしかし確り空気を吸い吐いている。試しに呼吸をムリに止めてみると大変に苦しくなるし、もちろん当然のこと止め得るわけがない。苦しさが強くて止め得ないということは生きて行くことを身体が強く希求している証しである。地位の無さ、財産の無さはちょっと寂しいがしかし、それに伴う苦しさは無い。これはつまり「命の尊さは何物にも優る」ことの、ずい分安直だが極めて…

逃げたいときには逃げるのがポジティブな行動

人生訓 先ごろ私は、「泣きたいときには泣くが良い。逃げたいときには逃げなさい」と書いたが、読者に理解を得やすくするため追記しておく。 夏日に熱くなったら体が勝手に汗を出す。体が壊れないよう正常に保つためだ。森で熊とであったなら恐怖心が湧く。警戒しろ、との脳からの指令だ。同様に泣きたい感情が生じたなら先ず泣くのが身体のためには正しい対処法なのである。なぜなら,体が泣くのを望んでいるからだ。逃げ出した…

自然に生きようよ

人生訓 泣くな、ガンバレ、愚痴言うな、耐えろ、逃げるな、意地を張れ、って世間の人々みんな言う。でもね、これ等は全て反自然。辛けりゃ逃げろよ、悲しきゃ泣けよ。それが人の本質、先ず、身を守れ。逃避を望み、悲嘆に暮れるは防衛機能の為せる技。身体に異常を来たさないよう本能がする危機回避。それなのに、無理に耐えては自律神経調子を乱し、気付かぬ内に魔物が巣食う病の身。終いには天寿なんぞに遥か届かず早逝ぞ。 社…

人生、職人のように

人生訓 人間、だれでも自分を創る職人者。人生、コツコツ行きましょう。地道にコツコツやるならばコツ骨密度を上げますね。しっかり自力が付きますね。自力が付いた身になれば、重ねる日々に実が締まる。成果がたわわに実りだし、周囲の者を喜ばす。実を噛む者に幸運ぶ。 社会観察  ”いじめ”とみじめ”の中間に”まじめ”と”けじめが”ありますね。真面目にケジメがつく人は”いじめ”もせぬし”みじめ”もならぬ。 ユーモ…

病気にならない心構え

人生訓 ”〇〇でなければ大変なことになる”という思いが精神・神経を病みやすくする。 ”〇〇でないからダメなんだ”と言う先入観念が身体の病を導きやすくする。 病にならないように、ぎりぎりの言い訳は受け入れてやることだ。とことん追い詰めてはいけない。逃げ道は用意させておくとよい。自分にも、他人にも。 社会観察 人間と竹林の立ち話。人間「おー、何とも見事な孟宗竹の林かな」、竹林「有難うよ。だけどもね、人…