円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

心質の良さと心の良さとは同じではありません、微妙に違います

 心質の良さと心の良さとは同じではありません、微妙に違います  心質の良さと心の良さとは微妙に違います。一般に人々が心の良い人と見る場合は心映えのする人を指しますが、これには社会や時代、国、地方、民族などの慣習性が大きくからんでまいります。考え方のいわゆる習い性ですね。 私が言う心質はどの社会にもどの時代でも共通的な普遍性のあるものを示しております。人間の本質に直結するようなものです。ですが先ずは…

コメントを寄せてくださった方々へ

コメントを寄せてくださった方々へ  さて、このところ”心質”という言葉を持ち出しています。言い出すことができたのです。ようやっとここまで来ました。7/10に”心質”についてコメントをいただいた「ボギーさん」に、改めて”心の質”につきお話できます喜びを今ひしひしと感じておりますところです。 ブログを書いている私としてはコメントをいただくほど嬉しいことはございません。反応していただけるあり難さはこの上…

涙は心の沈静装置

今日のざれ言  涙は心の沈静装置。辛い心を楽にさせ、悲しい心を楽にさせ、怒りの心を楽にさせ、喜びすぎてしくじらないよに心を静める装置です。 …

悲しみはなぜあるのかと聞かれました

今日のざれ言  悲しみはなぜあるのかと聞かれます。雨の日はなくてもよいのかと答えてはみました。雨は植物に悲しみを与えるのかと聞き返されました。それでハッタと気づいたのです。悲しみが心の滋養になっていたことをです。そしてまた悲しみが心の地下水の傍流だとも、です。本流はもちろん希望なのですから、この二つはあざなわれる縄のように支えあっているのです。それですから悲しみも希望同様、慈しんでくださるよう願う…

辛くてひどくてどうにも耐え得ないのに、それでもしかし家族のためにひたすら我慢を続けなければならない人へ

 辛くてひどくてどうにも耐え得ないのに、それでもしかし家族のためにひたすら我慢を続けなければならない人へ  どんな過酷な状況の中でも心身を病まないようにする方法はあります。「逃げ出せないと判断してこのまま継続することを決めたのは自分自身だ」と心に言い聞かせるのです。そうすれば辛うじてながらも主体性は確保できます。自分自身の生活を自分が中心になって運営している体裁にはなっているのですから、心身への圧…

”心の質”を高め風合いを深めましょう、”ヒゲ亀”で”あれとこれ”で

”心の質”を高め風合いを深めましょう。”ヒゲ亀”で”あれとこれ”で  日本人の多くはその長い歴史の間、食べるため生きるためだけの生活でした。一般の人々が知識や教養、趣味を云々できるようになったのは昭和30年代に入ってからのことではないかと思われます。心の余裕、精神の安定が模索され始めたのがこの頃ではないかと考えられるのです。もちろん長い伝統が息づくご家庭のことを言っているのではありません。市井(し…

”挫折”の意味するところ

今日のざれ言 ”挫折”の意味するところ  希望は神のともし火で、踏み行く道を照らします。挫折は仏の戒めで、ムリはするなと諭すのです。 …

”心質””心の表情””心の風合い””心の音””心の地下水”

”心質””心の表情””心の風合い””心の音””心の地下水”  ”心質”という私の勝手な造語を使わさせていただいてますが、”心の風合い”という言葉も今後しばしば出てきますので、あらかじめお許し願っておきます。人間は誰ひとりとして同じ顔の者はいないのと同様に”心の表情”も違ってきていいはずだし、違えるはずだと思っている私が、その違いを表現する言葉の一つとして用います。 他に”心の音(ね)”という言い方…

ことわざの解釈「五十歩百歩」・自己保全の法則

ことわざの解釈「五十歩百歩」  自己保全の法則  「五十歩百歩」ということわざがあります。合戦中に不利と見て何処まで逃げたかで勇気の優劣を判断したことの無意味さを例えに本質的な違いがないことを指す言葉ですが、ここで知って欲しいのは逃げることの必然性です。 逃げた人は”逃げるように仕向けられた人”なのです。勝てないのではないかという不安と恐怖を起こさせて我が身を守るための行動を起こさせた防衛本能の働…

天や神仏から自立して”微々たる差異”から”大差なる人格”へ

天や神仏から自立して”微々たる差異”から”大差なる人格”へ  人間の脳細胞が無限の可能性を持っていることはよく知られています。何兆億個もあるのだそうですから。 それがしかし二十歳前後を境にしてドンドンドンドン数を減らしていくのだそうです。変です。これは妙なことです。二十歳以降はその数倍の日月を生きていかなければならないのに、脳細胞が死滅していくということは当然、それまでに積み重なった心身の機能が衰…