円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

⦅ 懸想の典型例・その3“形の見さだめ”⦆

⦅ 懸想の典型例・その3“形の見さだめ”⦆ 昨日の答えは〖名付けあそび〗でした。 さー、懸想の例として〔数かぞえ〕、〔色見きわめ〕と続いた次の今回は“”形の見さだめ“”とまいりますよ。 さて、自然界の物と人工物とに於ける形状上の違いは明白でしょう、人工物は〇や□と極めて限定的ですが自然界の多様性は全く無限ですね。そのランダム性が心を和ませてくれます。   ※ 尚、これにて人類の未熟性が理解できるの…

⦅〔秀才〕レベルから〔天才〕へと移るには!⦆

⦅〔秀才〕レベルから〔天才〕へと移るには!⦆ 昨日の答えにつき、愚生の場合“”薄葉みどり“”でした。なお、頂戴したコメントの“”淡葉色、柔葉色、清明色“”というのも粋で素敵な響きがありましょう。  こんな余韻・余情が残る風趣につき愚生は〖心の水琴窟〗と呼称し、大事にしておりますよ。 さて、上記のようにシバシバ愚生は造語で〖☆☆☆あそび〗をして楽しんでいるのでした。 こういったものが、つまり〖知能あ…

⦅ 懸想の典型例・その2“色さだめ”⦆

⦅ 懸想の典型例・その2“色さだめ”⦆ 昨日の答えは“”創作作業“”でした。 さて、事物・事象への〖親しみこみ〗として“”数かぞえ“”をお勧めしましたね。 次いで、今度は“”色見きわめ“”を提案してみましょう。 そうすると、色彩感覚が俄然、敏感になる筈ですよ、少しではありましょうが確実です。 〇 自分が気に入っている色を定めておき、それに自分だけの独自な名前を付けて置くのですよ。 ちなみに、愚生は…

⦅ 神仏の求めるもの =“心神世界の創出”⦆

⦅ 神仏の求めるもの =“心神世界の創出”⦆ 昨日の答えは〔イエス〕でした、【匝瑳(そうさ)】に掛けたのですよ。また「操作=コントロール」と着想された方がおられまして、お見事と感服したものです。 なお、又ここにて確認をして置きましょう。 匝瑳市での見聞につき、このように自分なりの独自な精神世界を創出すると、脳働きが活発になる事は確かなのですね。 という事は、頭脳の仕組みが正しくそのように出来ている…

⦅〖知識のタコ足配線〗の具体例!⦆

⦅〖知識のタコ足配線〗の具体例!⦆ 昨日の答えは〔意(おも)う〕です。 さて、先頃に千葉県匝瑳市内のある古刹を訪れる機会があったのですよ。 その際に、〔匝瑳(そうさ)〕という珍しい漢字を説明する文が手に入り、この言葉の意味を次のように手立てて覚えたのでした。 それと共に、見聞きしたその場の諸情報につき人生の一ページとして心の日記帳に書き込みましたので、その仕方もご披露して置きましょう。 ※【匝(そ…

⦅“懸想する”とは親しみこみ!⦆

⦅“懸想する”とは親しみこみ!⦆ 前回の答えは〔純粋思考〕でした、暫く以前に随分と話題にしましたね。 さて、ここで再度“”懸想する“”ことの意味合いを確認して置きたいものです。 昨日の例で分かるように、“”懸想する“”とは〖親しみこみの申し入れ〗だという事ですね。 世の物事・事象に好意を以って「君の持つ属性を知りたい」との〔☆(おも)い〕を語りかけるという事ですよ。 これは、一たび感心を抱いた異性…

⦅ 懸想の典型例・その1“数かぞえ”⦆

⦅ 懸想の典型例・その1“数かぞえ”⦆ 昨日の答えは〔知能指数〕でした、つまり〔IQ〕ですね。 さー、それでは、その〔IQ〕につき大幅アップを目指して進撃しますよー。   ※ 先ずは、“”IQ大幅アップ法“”を見つめていきますが、いずれは心理面(つまり、EQ)を、次いで身体面の向上へと歩んでまいりましょう。 小手調べに次のような事をやって頂きます。 〇 数量を意識し、数を数える際は〔誕生日の数字-…

⦅“懸想する事”が〔☆☆☆☆〕アップのコツ!⦆

⦅“懸想する事”が〔☆☆☆☆〕アップのコツ!⦆ 昨日の答えは“”懸想の独自性“”でした。 つまり懸想の在りように関し、〔天才〕= 広範性、〔異才〕= 鋭意性、〔鬼才〕= 特異性、という風に言い分けられましょう。 さて、〔天才〕になるには至極、簡単だと先ず以ってお伝えしたいものですね。 何故なら、“”〔☆☆☆☆〕とは、気づくか否かの違い“”だけなのですよ、一言で表現するならですが。 つまり、一般人よ…

⦅“異才・鬼才の主”とは!⦆

⦅“異才・鬼才の主”とは!⦆ 〔鬼才〕の例には〔ピアニスト・辻井伸行〕や〔大リーガー・大谷選手〕を挙げて置きます。 ついでですから、ここにて“”異才・鬼才・天才“”の違いを雑駁ながらも考察してみましょう、すると〔天才〕に成るのが意外と楽なように思えてくることが分かってまいりますよ。 この三者は以下の如く同じ脳働きをしましょう。 〇 天才・異才・鬼才 = 気力ある、意力ある、工夫する、想像する、懸想…

⦅“異才・鬼才”のマネが活性化の神髄!⦆

⦅“異才・鬼才”のマネが活性化の神髄!⦆ 昨日の答えは“”異才・鬼才“”でした。 さて、次いでに言及して置きましょう。 先日の提示につき、ならば“”異才・鬼才の位置づけ&成り立ち“”が見えてくるのではありませんか。 〇 異才・鬼才 = 気力ある、意力ある、工夫する、想像する、懸想する。 であり天才と同じなのでした。 但し、懸想の仕方に尋常ではない発想が組み込まれているに違いありませんでしょう。 物…

アーカイブ