円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

〖魂に添って生きる5〗 {“霊能者”の力とは?}

〖魂に添って生きる5〗 {“霊能者”の力とは?} 霊能者や霊感の強い人と呼ばれる人は世に数多くおられましょう。 さて、この人々の能力は皆さん一体どこから生じてくると思われますか。 その代表例として次のお二人を挙げて置きたいものですね。 〔エドガー・ケーシー〕と〔バーバラ・アン・ブレナン〕です、両者の能力などは明らかに人体の構造が作りだす機能を大いに超越しておりましょう。(*) もちろん一見・一読で…

〖孫へのアドバイス14〗 {誰もが同じだった}

〖孫へのアドバイス14〗 {誰もが同じだった} ナントですよ、“”【近・所】の二文字が親戚だったと気づいた“”のでした、【斤】の仲間なのだと分かったのです。 ※【斬新】と回答なさった方々が居られたなら僕の上を行っておりましょう、スゴイですよ^^! 漢字分類法の部首には成っていませんが、しかし【斤】を用いている語は随分と多いものなのでした。 これにつき数人の大人に尋ねてみたところ皆さんが同様だったと…

〖老人の体力・脳力アップ塾108〗 {“老人の緩慢”とは別!}

〖老人の体力・脳力アップ塾108〗 {“老人の緩慢”とは別!} さて、ここにてマタマタ疑問を呈されそうですね。 「それなら老人だって健康になるだろうよ、動きがユックリなのだから」とですね。 結論から言いましょう。 いいえ、それは大きく違いますよ。 老人の動きは☆いだけの事です、そこに丁寧さは含まれておりません。 私たち年寄りたちの行動は単なる□□なのであって◇◇ではないのですよ、ナゼなら、そこには…

〖魂に添って生きる4〗 {“初恋も”そうなのです}

〖魂に添って生きる4〗 {“初恋も”そうなのです} 更に言うならですよ。 異性への想いも自動的に芽生えてくるのではありませんか、“あの人にホレてみよう”という風な計画的にする恋など世に存在しないのです。 その典型が“とつぜん芽生える初恋”ではありましょう、そこに主体的意志などミジンも入りこめないのでした。 はい、これがです、こんな神がかった機能が頭脳にありましょうか。 もちろん後天性の事柄を司る大…

〖老人の体力・脳力アップ塾107〗 {ヤハリ“盲人たちは!”}

〖老人の体力・脳力アップ塾107〗 {ヤハリ“盲人たちは!”} さー、これにてご理解くださりますでしょう。 万事につきユックリと丁寧に行う人々は健康体であること、分かって頂けましたね。 さて、それならですよ。 ここにて改めて持ちだしたいものですね、あの方々をです。 つまりは盲目の人々が正しくそのような日常を繰りかえしておられるから皆さんが健康であるに違いないとする僕の説につき、ご納得いただけるので…

〖魂に添って生きる3〗 {“防衛本能”こそ〔魂〕マター!}

〖魂に添って生きる3〗 {“防衛本能”こそ〔魂〕マター!} そうでした、もっと根元的な話があるのでした。 皆さん、人間は誰もが吾が身の死や危機に恐怖心を持っておりましょう、幼児から老人まで程度の差はあれ等しくありますね。 これにつき“自己防衛本能”と言い慣わしてはおりませんか。 はい、そうなのですよ、宜しいですか皆さん。 本能なのだとあれば正しく〔魂〕から発する事柄であるに違いないのですね、自動的…

〖孫へのアドバイス13〗 {わが知識のアマリな稚拙さ}

〖孫へのアドバイス13〗 {わが知識のアマリな稚拙さ} 人間の愚かさにつきマザマザと思い知らされる話を致しましょう。 実はですね、知識の仕入れ方がアマリにも稚拙だったのを知って驚いたことがあったのですよ。 しかもそれが還暦を過ぎていた時ですからね、なおさら愕然としたものでした。 つまりは、ある意味でカルチャーショックだったと言えましょうね。 ナントですよ、“”【〇・☆】の二文字が親戚だったと気づい…

〖“原口式ユーモア”の最近作を一挙公開〗

〖“原口式ユーモア”の最近作を一挙公開〗 世の皆 = 金もち暇なし病もちオイラ = 金なし暇あり病なしどっちがイイんだろ?神さまはコレで平等だというがチョッと違うよね一年交代にしてくれと神さまに頼んでみようっと {オラの大発見・ノーベル賞貰えるかも~}ハスの花と根っこ=〔雲泥の違い〕があるのに【雲泥の差】はないハスの花とハスっ葉=   〃   はないのに   〃   がある {オラの“聞くとコワ~…

〖孫へのアドバイス12〗 {孫に与えられるべき将来}

〖孫へのアドバイス12〗 {孫に与えられるべき将来} さー、そんな訳ですからね。 この〖孫へのアドバイス〗で伝えたいのは児童・生徒の時期に道からソレだし飛びはねる発想を育んで置きましょうということでした。 さすれば、世の俗事や有象無象に埋没しホンロウされる人生にはならない筈だろうと僕は確信しております。 そうなってしまえば、それこそ正しく心神上での悠々自適で自在な人生を送れる事になるのではありませ…

〖老人の体力・脳力アップ塾106〗 {“腕を上げて…”だけでも!}

〖老人の体力・脳力アップ塾106〗 {“腕を上げて…”だけでも!} 目をつむり片方の腕をユックリ挙げてみて下さい。 すると、普段は決して感じない“一の腕”の筋肉が重みを伴って認識されだすののでした。 そうして、フッと肩に力が入っている事にも気づいてくる筈ですよ。  ※ 丁寧な動作や行いには、このように心身の余分な力が抜けていくという効能も伴うのでした、これには大きいモノがありましょう。 次いで、肩…

アーカイブ