円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

 さて、一つのタイプは成績が良い人です。

 さて、一つのタイプは成績が良い人です。  ムリしてでも勉強をするから成績が上がるのですね、当然の事ですが。  それに対する、もう一方の人だってもちろん成績は上げたいのですから努力はして みるのです。そうはしてみるのですがしかし、その努力がさっぱり結果をみせてくれ ないので学業を諦めてしまうのでした。  実はかくいう私もそうなのですからよく分かるのです。  〔字面を眺め或いは見つめることにのみ終始…

このことは、若い時代の学校生活を思い起こせば分かってきましょう。

このことは、若い時代の学校生活を思い起こせば分かってきましょう。  小学生から大学生までのいずれに於いても”記憶のタイプ”を二つに分けて観るこ とができます。その中間が一部に存在することを別としてですが。  その二つとは、もちろん学業がよく進むタイプとその逆の人とです。  「何を言い出す、そんな話など昔から分かっていることだ」と言うお叱りのお声が 聞こえてきそうですね。  ではありますが、それを承…

◎『原口式記憶塾』の「予科」のスタートです

◎『原口式記憶塾』の「予科」のスタートです 1、感受力は頼れない  先ずは開塾に当たりまして、「塾長・原口」のご挨拶をお読み願います。  唐突ですが、読者の皆さんは「記憶できること」と「記憶すること」とでは作動す る脳機能が違うことをご存知でしょうか。  一般的にはですが、違うものであることが殆ど知られてはいません、残念なことで すが。  しかし間違いなく違うのです、はっきりとした違いがあるのです…

『緊急報告』

『緊急報告』  昨日は番組の収録に呼ばれてテレビ朝日に行ってきましたが、そこでご一緒出来ま したのが「やくみつるさん」や「菊川怜さん」達でした。  で、生身でお会いして気付いたのです。やくさんの人物としての奥深さをです。こ のようなお人にこそ国政の舵取りにご参加いただきたいものと思ったものです。あら ゆる事々深い見識をお持ちのように感じられたのでした。イタリヤのダビンチも斯く やあらんとの雰囲気で…

⑦一端・その終了

⑦一端・その終了  出だしのご紹介は以上の6件で止めておきますが、これにてお気づきのように「原 口式」ではチョッとしたコツを用いることがご理解いただけたものと思います。  そのコツが何故に記憶につながるのかは、いずれも「予科」や「本科」でしっかり と掴み取っていただけることでしょう。 …

⑥一端・その6

⑥一端・その6  今日のものは、一気に研究科レベルのものを持ち出してみました。皆さんが読んだ 今日の新聞記事からの出題です。  一面のトップ記事のタイトルが先ず始めに目に入ってきましょう。本日の一押しの ニュースですから、そのタイトルにも凄さ重さが感じさせられる言葉となっているは ずですね。  さて、その印象深さを込めて付けられたタイトルに、もっともマッチする単語を一 つだけ文中から選んでいただき…

⑤一端・その5

⑤一端・その5  理科系のものも出題してみます。  次にあるのは『元素の周期表』です。  「23番(つ、み)・バナジウム」  これにつき、私は〔摘み花ジウム〕という形で記憶しております。  このような番号順をも一緒に覚えたいものは、数字である番号を「引き出しの取っ 手」に使うと大変に便利なのです。   では、これを参考にして次の元素を覚えてみてください。直ぐにも効率よく利用で きることがこれにて分…

④一端・その4

④一端・その4  文学好き向けに一つ出してみましょう。「百人一首」から一つ選んでみました。  23番「月見れば千々に物こそかなしけれ わが身ひとつの秋にはあらねど」作・ 大江千里 を日に何度か思い出してそらんじてみてください。  23(つ、み)番を「月見の番人」と捉えれば、それに連動して「月見れば…」が スラスラと頭に浮かんできます。そしてまた、「…あらねどー大江の千里」のように 詩歌と作者名を連…

③一端・その3

③一端・その3  更に三日後、今度は終日を通して行います。「この日に見聞きした事柄の三件ほど につき、就寝前に家人に報告する(または、日記に書く)」という設定で一日を過ご します。  例えば、最近問題になっている新聞記事の見出しに目をつけて「報告要項一番目」 とし、カラスが電柱のてっぺんでカーカー鳴いているのを「最近、どうもうるさい な」とて「二番目」にしておきます。「三番目」には、手をつないで仲…

②一端・その2

②一端・その2  明後日には、午前中の間だけ三人ほど見知らぬ人に挨拶してみてください。  いえいえ、実際にそうしろといっているのではありません。メガネを掛けているか どうか程度の軽いチェックをしながら、気付かれないくらいにそっと会釈して心の中 で「今日は!」と言うのです。  外出せずに家の中だけで過ごすようなら、犬や猫、小鳥相手でもよいのです。  そうしておいてのその夜、寝床に入った時に振り返って…

アーカイブ