円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

☆『私たちは大いなる宇宙の住人として優劣はありません』

☆『私たちは大いなる宇宙の住人として優劣はありません』  さて、今日からは早速、あなたの心と精神に刷り込まれた害毒の追い出しに取り掛 かってまいります。意識を変革するための道筋へと入っていきましょう。  唐突ですが、この大いなる宇宙の中にあって私たち人間の一人ひとりの価値の差異 はありません。存在価値の高い低いの判定基準がありませんのですからね。誰もが彼 もが一律に平等なのです。  老若男女、高貴…

☆『開き直れれば、直ぐにも強くなれるのです』

☆『開き直れれば、直ぐにも強くなれるのです』  昨日、「開き直り」に言及しました。ついでですので、これに関係付けて私の体験 をお伝えしておきましょう。「開き直る」ことが出来た場合の人間の強さをです。  私も不眠の症状を持っていた経験があります。20~24才頃のことでした。布団 には入るが目が冴えて頭も冴えて、という具合でなかなか寝付けないのでした。  断片的に、書物を開いて時間をつぶしては、また暫…

☆『恐れと不安に押し潰されそうなときの対処法です』

☆『恐れと不安に押し潰されそうなときの対処法です』  今日は、不安や恐怖の思いを抱きやすくなっている、あなたの心との話し合いの仕 方をお教えします。以下は、分かりやすくてよい例え話だろうと自負しますので私事 でご説明すること、お許し願います。  長野市の名刹である善光寺には有名な「胎蔵めぐり」というものがあります。本堂 の下に設けられた真っ暗な闇の世界を体験するものです。四十年近くも以前になりま …

☆『眠れないときの対処法です』

☆『眠れないときの対処法です』  昨日の説明内容が薄いようでしたので少し補足しておきます。  赤ん坊は我が身の要求を泣いて訴えます。お腹が空いたとて泣き、お母さんの懐か ら離されていてそれが不安だとて泣くのです。  同じように病気の身体は、痛みと苦痛で身体の持ち主であるあなたに訴えるので す。あなたの心に訴えているのです、考え方を変えてくれ、とですね。心と精神のゆ がみを苦痛という形で表面化させて…

☆『毎日の立ち居振る舞いが辛いでしょうが』

☆『毎日の立ち居振る舞いが辛いでしょうが』  先ずもって、長い間うつ病の状態にあるお人は日常的に体が重く立ち居振る舞いも 辛くてシンドイのではないだろうかとお察しします。  それほどまでの症状の人なら、晩の痛飲が元で頭痛と吐き気のため何もする気にな れず、只ひたすら沈うつな状態にある場合の私と同じなのではないかと推察しており ます。ですから、そのお辛さはよく分かっているつもりです。  でも二日酔い…

☆『うつ病の苦界から開放されましょう』

☆『うつ病の苦界から開放されましょう』  何日か前より、うつ病から辛さから開放されるにはどうしたらよいのか、との問い かけが続いております。気鬱に言及した文を掲載したからでしょう。  緊急性が高いので、その要望に応じて暫くうつ病から抜け出るための私なりの方策 をこのブログの場で提供したいもの、と考えております。ですので、現在進行中の 『品格アップシリーズ』にうつ病対策の観点を加味して進めていくこと…

☆『人間は誰しも周囲の人々の環境である。自分が良い環境なのか、悪い環境のか常に気にかけておきたいもの』

☆『人間は誰しも周囲の人々の環境である。自分が良い環境なのか、悪い環境のか常 に気にかけておきたいもの』  私たちは一人ひとりは本来的には完全に独立した人間性を持った存在です。お互い にその存在を左右しあったり、悪影響を与え合う関係にはありませんのです。  でもですね、然しながら、現実的には大勢の人々が周りの人に影響を与えながら生 活しております。例えば、誰かがタバコを吸えば、もらい煙で閉口する人…

☆『広く学び審らかに問い慎みて思う、明らかに弁え篤く行う』

☆『広く学び審らかに問い慎みて思う、明らかに弁え篤く行う』  かの有名な親鸞さんの著書「歎異抄」にある言葉で、人間の生活上の基本姿勢を説 いたものですね。  「視野が狭くならないように広く知識を求めなさい」と言うのです。そして更に、 「物事の顛末は細部まで詳しく問いかけるのだよ、考え方も謙虚にして、分別も明確 にしなさい、その行いには十分に心を込めてな」、ということです。  要は、「何事も疎かには…

☆『人間の本性とは、心の中で仏の像を刻んでいる仏師である』

☆『人間の本性とは、心の中で仏の像を刻んでいる仏師である』  西洋では、自分たち人間を「神の化身」と捉える考え方があります。同じことを東 洋的に表現するなら、さしずめこのような言い回しになるのではなかろうか、とする 私の言葉です。  自分の用いた言い回しながら、これ以上の何をこの後に続けたらいいのか、戸惑っ ています。人間の本性を言い表す言葉としてほぼ完結している表現に感じるのです。  これは、私…

☆『人々に襲い掛かる全ての悲劇は誤解から生じるのです』

☆『人々に襲い掛かる全ての悲劇は誤解から生じるのです』  誤解というものは無知と無理解から生まれます。大変に残念なことには、誤解が悲 劇を作り出すことです。そしてその悲劇は誤解された側にのみ訪れる。罪は誤解した 側にあるのに、です。  それならばどうしたらいいのか。  加害者側にならないようにするには、前回のスピノザさんの言葉通りの心がけを怠 らなければ良いでしょう。出来切れるかどうかは兎も角とし…

アーカイブ