円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

⦅“四鏡”の覚え方⦆

⦅“四鏡”の覚え方⦆ 〔国語〕からも一つ。 下記は、いわゆる〔四鏡〕と呼ばれる〔大鏡、今鏡、水鏡、増鏡〕を一括する言葉です。 “タ(大)コ(今)み(水)ます(増)”。 書かれる年代順なら〔水鏡〕が一番前ですから、 “水タコス” とします。 更には、後代の〔東鏡、後鏡、徳川実記〕も合せて尻から述べてみましょう。 “実記イウ、後ノ東ニ撒いた水”或いは“実記ス、後ノ東ノまずい題”。 また更に“紀伝はタコ…

⦅“疑似体験”による数式の憶え方⦆

⦅“疑似体験”による数式の憶え方⦆ 〔数学〕にだって“疑似体験”は大いに利用可能なのですよ。 先ずは代表例として、数式を一つ提供してみましょうね。 “確率変数に於けるXとYの相互情報量I(x、y)”の定義は次なるものです。                             P(x、y)I(x、y)=  Σ   Σ  P(x、y) log ―――――――――        x∈X y∈Y   …

⦅〔歴史〕は“疑似体験”で確実に覚えます⦆

⦅〔歴史〕は“疑似体験”で確実に覚えます⦆ 今回からは、〖頭脳の活性化法・三要素 ― 2、多彩な想像〗です。 さー、〖多彩な想像〗とは何ぞや、ですね。 この方法、〔歴史物〕に最適であり、抜群な効果を示してくれますよ。 先ずは、一例に「593年・推古天皇と聖徳太子」を挙げてみましょう。想像の手順を下記します。  「593年」につき、蘇我馬子を念頭に“錯誤(395)の馬子、推古・聖徳”と読み替える。 …

⦅“トンボの複眼法”には分析器も!⦆

⦅“トンボの複眼法”には分析器も!⦆ さて、“トンボの複眼法”の範疇には〖目の分析器〗も入りますよ。 例えば、先日に掲載した【あつかましい】という言葉の分解もそれに入ります。 また、【齢】に含まれている漢字やカタカナ、記号(郵便マーク・〒)を認識すること等も、ですね。 更には、【浦】の仲間が【氵】だけでなく、【甫、捕、鋪、輔、蒲、匍、など】もが視野に入れられるような事を指しますよ。  ◇◆◇◆◇◆…

⦅“文殊の知恵は巨大化する”のでした ⦆

⦅“文殊の知恵は巨大化する”のでした ⦆ 更に言及して置きましょう。 この“トンボの複眼法”により得られる能力は〔単なる思考力〕では収まらないことは誰にも判断できますね。 つまり、思考を向ける事柄につき“見渡し、見分け、見つめ、見透し、見届け、見極め、見定める”ことに成るので、推察力・洞察力・判断力・応用力などという知恵が極めて高まる筈なのですよ。 即ち、言ってみれば“極め付きな文殊の知恵になる”…

⦅“思考力の無限性”が実感できる!⦆

⦅“思考力の無限性”が実感できる!⦆ 昨日、提示しました“トンボの複眼法”につき、更に申し上げて置かなければならない重大な事柄がございます。 この“数多ある思考の道筋”は〔⑲の項〕により思考範囲が幾重にも加増できます事は何方であってもご理解頂けましょう。 そうして更には、〔⑳項目〕そのものを向ける事象・事物は無限ですからね、従って人間の思考力自体が無限であることの証明に成りますでしょう事、敢えて言…

⦅“IQアップ”が容易に可能!⦆

⦅“IQアップ”が容易に可能!⦆ 『1、細かな確認』 “トンボの複眼法”につき、誰にでも直ぐに理解して頂けましょう。 〔物や〔事〕に眼を向ける際に様々な視点を用意して置くということです。そうすれば思考力や観察力が極めて容易に身に付く事になりましょうから、ですね。 さて、人間の価値を云々する課題というものの全ては、この世に存在する“事物・事象の属性”につき、如何に広く高く深く認識し得るか、という一点…

⦅〖頭脳の活性化法・三要素〗⦆

⦅〖頭脳の活性化法・三要素〗⦆ さて、話が皆さんの常識的な思考では捉え難い“不”常識な〖忍者式学問法〗などとの禍々しい言葉を待ち出してしまったので、一旦は硬い文面に戻しましょう。 “盲目の方々の脳働き”につき考察し見定めた事柄につき、翻って我々目明きの〔見る力〕を如何様に用いたなら良いのかがよく分かるようになり、それを基底にした長考の結果として次のような設定に至っております。 〖頭脳の活性化法・三…

⦅“忍者やゲバラ、義経”のような学び方を!⦆

⦅“忍者やゲバラ、義経”のような学び方を!⦆ 昨日に続けます。 つまり、知識の仕入れ方法が、玄関から入り応接間での応対のみで帰ってくるような通り一遍的な形での学び方に陥っているという事です。 それならば如何するか、ですね。 例えてみるなら、“床下から侵入し天窓から抜け出る”とでも表現するような学問の仕方を推奨しているのです。 少々、イメージが浮かびにくいお人には“勝手口から入り、子供部屋の窓から出…

⦅【あつかましい】一家の子供たち!⦆

⦅【あつかましい】一家の子供たち!⦆ さて、【あつかましい】という言葉につき、英単語の所で用いた〖目の分析器〗を用いて小分けしてみましょう この中には、頭からは【あつ、つか、かま、まし、しい】が、尻からは【いし、しま、まか、かつ、ツアー】が入っておりましょう。 しかも、それぞれの語には例えば【しい;恣意、椎、強い、思惟、四囲】といった幾つもの同音異字が有るのでした。 これにつき比喩的に言うと、です…