円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

⦅“頭脳”と〔たましい〕及び〖幽膜〗の関係!⦆

⦅“頭脳”と〔たましい〕及び〖幽膜〗の関係!⦆ 掲題につき、この際に確認して置きましょう。 〔頭脳〕とは、思考や情感、及び記憶の製造機関であり、且つ、その再生機能でもありますね。 それに対して〖幽膜〗は、それ等の収納庫的役割を担っているものと推定されましょう、つまり〔アーカイブ〕だという訳ですね。   ※〖幽膜〗については、皆さんが覚えて居られましょうね、巷で言うところの〔オーラ〕でした。 さて、…

⦅〔たましい〕と“生命”の違い!⦆

⦅〔たましい〕と“生命”の違い!⦆ 好評らしいので〔たましい〕の話を進めますね。 前回にチョッと触れましたが、この際に〔生命〕と〔霊魂〕との関係を詳らかにして置きましょう。 ついては、両者を対比すると分かり易いですね。  ☆ 〔生命〕に関して。 〇 宿る所;身体 〇 その存在理由;種の保存 〇 身体的進化の継続を担うもの;遺伝子 〇 生命維持の根幹要素;酸素  ☆ 〔たましい〕に関して。 〇 宿る…

⦅“先祖の記憶”が〔たましい〕に!⦆

⦅“先祖の記憶”が〔たましい〕に!⦆ ここで、暫く前にチョウチョの羽模様と共に記述した“”田んぼにはびこり続けるオモダカと、それに対抗する農薬改良とのイタチごっこ“”を想いだして下さいな。 つまり、“”オモダカに生じる現象 ⇒ 先祖の記憶が子孫で活きる“”という話でしたね。 次いで、記憶細胞の質的変容に関する論述も想いだして頂きましょう。 以上の事柄を踏まえて考察していると、ある驚愕するような事柄…

⦅〔たましい〕は“コントロール可能”⦆

⦅〔たましい〕は“コントロール可能”⦆ さー、今や私たちは“”〔たましい〕の本質は記憶である“”と知りましたね。 さて、それならば、ですよ。 俄然、大きな希望が湧いては来ませんでしょうか。 “”仕入れる知識、経験を得る行為“”を、そうと意識しながら日々を生きていれば〔たましい〕の出来具合に介入することが可能に成るのではありませんか。 つまりは、“”吾が〔たましい〕“”の在りようをコントロール出来る…

⦅〔たましい〕の“役割”!⦆

⦅〔たましい〕の“役割”!⦆ チョッとお尋ねしましましょう。 ご自分の〔たましい〕につき、今日の今まで皆さんの誰もがアレコレと思案や考察した事など全く無かったのでは有りませんか。 ですので、以下のように問いかけられても答えられるお人は極めて少ない筈ですね。 “”〔たましい〕とは何もので、何ゆえに存在するのか“”  ※ このような事柄は一般的に宗教絡みで語られましょうが、本来的には〔哲学〕の分野なの…

⦅〔たましい〕は“記憶の集大成”です!⦆

⦅〔たましい〕は“記憶の集大成”です!⦆ 昨日の“〇~〇”とは〔たましい〕でした。 さー、またまた大胆な説を提起しましたが、縷々解説してまいりましょう。 さて、〔たましい〕などという言葉を唐突に持ち出しては、皆さんの誰もが戸惑われるのではありませんか。 また、「それは神仏の領域だから、安直な思いで話題にしては不謹慎だ」と、受け入れがたく捉えられもしましょうね。 ましてや、“”記憶が〔たましい〕を担…

⦅〔たましい〕は“記憶の集大成”です!⦆

⦅〔たましい〕は“記憶の集大成”です!⦆ 昨日の“〇~〇”とは〔たましい〕でした。 さー、またまた大胆な説を提示しましたが、縷々解説してまいりましょう。 さて、〔たましい〕などという言葉を唐突に持ち出しては、皆さんの誰もが戸惑われるのではありませんか。 また、「それは神仏の領域だから、安直な思いで話題にしては不謹慎だ」と、受け入れがたく捉えられもしましょうね。 ましてや、“”記憶が〔たましい〕を担…

⦅ 記憶の辿る先は“〇~〇”となる!⦆

⦅ 記憶の辿る先は“〇~〇”となる!⦆ 世の常識からかけ離れた話ばかりしている愚生に、飽くことなく付き合って下さる皆さんには心より感謝しております。  ※ 愚生には、流布している常識の殆んどが、事柄の本質から程遠い解釈で止まっているように想えてならないのでした。  で、それに甘えさせて頂き、またまた世に稀な論を展開させて頂きましょう。 さて、仕入れた記憶というものはですね。 私たちが生きている間中…

⦅ “醸成するとこうなる”の例!⦆

⦅ “発酵するとこうなる”の例!⦆ この際、チョッとした余談を入れますね。 さて、私たちの性格も“”記憶が醸成した結果“”だとは捉えられせんでしょうか。 性癖や思考傾向こそ正しく、過去に得た知識・経験が潜伏化しているうちに発酵し醸成したものなのだろうと愚生は想定しているのですよ。 これにつき一般的に“”人それぞれの持ち味がある“”と言い現わされている事でも理解できるのでは有りませんか、個々の味その…

⦅ 未成熟の記憶細胞に“先輩細胞の知恵が宿る”⦆

⦅ 未成熟の記憶細胞に“先輩細胞の知恵が宿る”⦆ “”年長者の経験や知識は、高品質化・高機能化してくる“”という話の続きです。 この能力につき「〔海馬体〕が関与しているのではないだろうか」と愚生は推定しておりますよ。 それを側面応援する事柄が有りましょう。 ☆〔海馬は加齢と共に大きくなる人がいる〕のは大脳生理学上でよく知られている事実ですね。 さて、そうと知ってみれば、ですよ。 その高品質化・高機…