円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

〖老人の体力・脳力アップ塾175〗 {テーブル上のコップの水が指で揺れる②}

〖老人の体力・脳力アップ塾175〗 {テーブル上のコップの水が指で揺れる②} もう一つ次のような実験を試してみてご覧なさいな。 1、テーブルか机に水を入れたコップを置く 2、テーブルに指先を触れる 3、やはりコップの水面が揺れる はい、これでテーブルさえも揺らしているのが分かりましょう、指先の脈動がです。 それだけ体の血流が力強いという事ですね、血管が血の流れをシッカリと造りだしてくれていることに…

〖“原口式ユーモア最近作”のご披露〗 オラの数学問題

〖“原口式ユーモア最近作”のご披露〗 オラの数学問題四角形には正方形と長方形がある、だが短方形がない理由を証明せよ オラの哲学問題四角形には正方形と長方形がある、だが短方形がない理由を論述せよ {FB国勢調査①}駅に掲示板があった事を覚えている人=「超いいね」をポッチ願いますそうでない人=「うけるね」をポッチそんな事まるで知らない人=「いいね」をポッチ {FB国勢調査②}火星人がタコだった事を覚え…

〖原口式人生哲学36〗 {過去、それは現在形でないのだから効力は失っている}

〖原口式人生哲学36〗{過去、それは現在形でないのだから効力は失っている} 人はダレもが過去に縛られて生きているものだ しかし今は進行してない亡霊なのだから囚われるのは不合理なのです 今の一瞬一瞬を真摯(しんし)に生きようとする者には過去の亡霊なんぞ寄りようもないのです  ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇暗記力向上研究会http://worldrecord314.com/住所:千葉県茂原…

〖原口風の菜根譚60〗 {“同じ場、同じ時を共有するもの”への親近感よ!}

〖原口風の菜根譚60〗 {“同じ場、同じ時を共有するもの”への親近感よ!} さて、ですよ。 “いと惜しい残りの日々”ともなってみれば、見るもの聞くもの触れるもの、それが何物であってもヤハリ貴重なものに想えてくるのではないでしょうか。 で、ちなみに猫のひたい程の吾が庭に咲いてくれるキンモクセイの花と葉を一つずつ手に取ってみたらば、何やらイトオシイ感じがしてまいります。 “拾い宇宙にあり悠久な時の流れ…

〖孫へのアドバイス80〗 {続けられるコツ①}

〖孫へのアドバイス80〗 {続けられるコツ①} 【継続は力なり】との言葉が世の中で大手を振っておりましょう。 そうして、どこの大人達も「続けろ、やり抜け」と叱咤激励なさいますね。 そのあげくには「そうできないのは根性がないからだ」との決まり文句を吐きだすのでした。 あるいはまた、いかにも理解があるように「楽しんで行えば必ずやり遂げられる」とも宣(のたま)うのではないでしょうか。 さー、これでは子供…

〖魂に添って生きる70〗 {“時の氏神”はいるものです}

〖魂に添って生きる70〗 {“時の氏神”はいるものです} さー、二人の言い合いが激しくなる一方だったことは容易に想像できましょう。 いがみ合いが数年間もつづいた二人にとって疲れはてた心労を吐露する機会が得られたという事です、丁寧に聞いてくれる人物がいたのでした。 ラッキーです、そんな奇特な御仁は浮世の世迷い言を聞くのに長(た)けている坊さんだったのだとか。 町内会の人がなくなり、通夜や葬式などで寺…

〖老人の体力・脳力アップ塾174〗 {テーブル上のコップの水が指で揺れる①}

〖老人の体力・脳力アップ塾174〗 {テーブル上のコップの水が指で揺れる①} 一年ぐらい前に“体の脈動は、どこでも確認できる”旨の話をしましたが皆さん覚えておられましょうか。 チョッと、心を静めて頭や内蔵、手足などの部位へ随意に思いを凝らせば必ず脈動を感じとれるはずだとお伝えしましたね。 しかし、それでもつかみ取れないお人に向けて次のような提案をしてみましょう。 1、テーブルか机に水を入れたコップ…

〖原口式人生哲学35〗 {何でも楽しくなる方法、それは丁寧にやることだ}

〖原口式人生哲学35〗{何でも楽しくなる方法、それは丁寧にやることだ} 丁寧に行なえば結果に満足せず必ずやり直そうとの意欲がでてくるものだ かくしてドンドン面白くなって身も心も入れ込むようになる  ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇暗記力向上研究会http://worldrecord314.com/住所:千葉県茂原市東部台4-1990-36TEL:0475-23-6733◇◆◇◆◇◆◇◆◇…

〖原口風の菜根譚59〗 {“いと+惜しい”残りの日々なのです}

〖原口風の菜根譚59〗 {“いと+惜しい”残りの日々なのです} そうなのです、“いと+惜しい”のでした、それは、それは。 さー、そうなってみれば僕たち皆が“好々爺然”とは成りえたことになりましょう。 いえ、いえ、いいえ、それどころではなさそうですよ。 ここまでに達してみれば、もはや“好々爺”を離れても良さそうなのかも知れませんからね。 そうなのですよ、次なるバージョンを見すえても良さそうなのではな…

〖孫へのアドバイス79〗 {可能性が5%なら残りは?}

〖孫へのアドバイス79〗 {可能性が5%なら残りは?} シバシバ「成就する可能性は5%ほどだ」などとの言葉を耳にします。 それなら残りの95%は一体どういった具合に捉えているのでしょうか、皆さんは。 ハイ、そうなのですね、その辺につき吟味するような事はしませんのです誰もダレもが。 ですが、僕には『可能性の残りは純可能性なのだ』と断言できますね、つまり条件次第で可能性に反転するような程度のものばかり…

アーカイブ